2017年12月05日

気もち良いことリスト 出ました川霧 消えましたビリケン

川霧2.jpg

慌ててカメラをさがす 久しぶりに川霧がでた 大したことはないが
年数回の風物詩なのだ 数年前に出た川霧はすごかった 拾数メーター下の
川面からクリーム状の霧が湧き上がり 土手の上の道路に流れ出た
膝から下が見えなくなり 霧をラッセルしながら歩かねばならないほどだった 
<お気づきですね 少々大げさです>

ビリケン.jpg

引っ越し準備中のビリケンさんも川霧を眺めている アメリカのセントルイス
から大阪へ連れてこられ 日本に帰化してわが町に流れ着いたビリケンさんは
仏さんでも神様でもありません でも手を合わせる人もいます

おさむ.jpg
<ビリケン族の日本人 タレントの鈴木おさむさん>

なぜここに鎮座して目を細めて川霧を眺めているのでしょう 理由はともかく
この河岸のマスコットなのです その住まいがリニューアル中です
どんな住まいになるのか楽しみです 




posted by ゴジ・ダツジ at 11:35| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

気もち良いことリスト 2018・年賀状 出来上がり〜

年賀状1.jpg

年賀状作りの12月が到来しました ヤレヤレです
それがどうでしょう 本日 デザイン画が完成しました ヤレヤレです
どちらもヤレヤレですがヤレヤレです

2案が出来ました どちらかにしますが今回見送りの案は
いつの日かの予備です 
年賀状2年に一度ではいけませんかね

年賀状2.jpg 

そう言えば 歳を取りましたのでとか目が悪くなりましたのでの
理由で今年が最後といたしますの年賀状引退宣言を数通いただきました
私もあと何回出せるでしょうか そうでした やはり毎年出します
ヤレヤレです


posted by ゴジ・ダツジ at 17:12| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

気もち良いことリスト 今日は<HARPPY BIRTHDAY>について

カードですよ.jpg

バースデェーカードはその日に届かなくてはいけません 前日でも
あくる日でもXです 郵送だとドンピシャの保証はなく どうしても
早く出してしまいます それではネットなら これも油断できません
我が家のPCは半日ぐらいだんまりを決め込むからです

生まれが年月日まで一緒の人に出会ったことがありません 
同じ年生まれなら365分の1はいるのに 月日だけでもこれもいません 
年が違えば365分の1が増え続けるのに どうしてでしょう
これが問題です よーく考えたみた答えです 365分の1の確率は
どうしても増えないのです この答えにたどり着くまで相当掛かりました

カードです.jpg

365日で1回の誕生日 寿命からして絶妙の日数ですよね 3日に
一回でも 1万日で一回でもピーンときません 地球に水と空気があること
以外に人間の誕生に役立ったのが365日だったと思うのです 
火星ではどうでしょう 1年が660日で1日が25時間です 
そうなるといくら長く生きても50歳でしょう

あなたは何人の誕生日を覚えていますか 私は10人前後です 
ごく身近な人と特別な人です わたしがその人達に誕生日のお祝い
メーセージを贈るのは一体なぜでしょう これもいろいろ考えてみました 
答えはともに生を歩むからです この答えも来年は変わっているか 
とりあえず誕生日おめでとうございます


  
posted by ゴジ・ダツジ at 07:50| 千葉 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

気もち良いことリスト 君たちはどう生きるのか 原作は児童書 マンガ本は大人向き

長屋.jpg

書店の一番目に付くところに <君たちはどう生きるのか> のマンガ本
が並んでいる マンガだけでは描き切れない部分は原作の文章を使っている
原作は児童書だったけどマンガ本は大人向き そこにヒットの理由があった

この本を読んだのは42.3歳のころ ある人に勧められた本の著者が
この本を絶賛していた 児童書なのに私の知的年齢ではそれでも難しかった

出来上がりだ.jpg

今でも覚えているのは 主人公のコペル君が 上級生にいじめられている
友達を 怖さのあまり助けられなかったことを悔いて 学校にも行けず
布団にくるまって寝ていたとき おじさんから そんなに悔い悩んでいる
のは 君が正しい道を歩みだそうとしている証拠だ と諭される下りを 
思い出す

この歳で読み返すと 君たちはどう生きるのかを君たちはどう死ぬのか
に置き換えてみることもできる やはり名著なのだ 

宮崎駿氏がこの物語をアニメ化すると発表した 風立ちぬの様に
かなり原作と距離を置く作品になるかもしれないが それはそれで楽しみだ




posted by ゴジ・ダツジ at 14:43| 千葉 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

旅をしたくなる言葉 その71 あなたが感謝するものは サンクスギビングディー

メーシーズ.jpg

20年前はバーニーズニューヨークが新店を既存のデパートのてっぺんに
<E60st> オープンさせNYデパート戦争の火種を投げ込んだ時です
その時 NYのデパートを片端から見て回りました

感謝祭パレードのメインスポンサーのメイシーズにたどり着いたとき 
なぜかほっとしました バーニーズもブルーミングデールもなんとなく
場違いだったからです メイシーズは誰でも気楽に入れる 格差や人種を
問わない雰囲気がありました
NYでほっとする? 勿体ない!NYはほっとする街ではありません 

NY市民の声
私はNYに住むことが大好きです 競争と愛が共存するこの街が


バーニーズ2.jpg

感謝祭は 七面鳥とアップルタルトをほおばりながら家族や親しい人で
何に感謝するかを話す日だそうです ちょと宗教的な感じもしますが
たまにはやってみたらいいかもしれません
 
私が感謝するものは 病気をしたり歳を取ったりで急にふえました 
助けてもらいたくなると感謝の気持ちが湧く? 虫が良すぎます



posted by ゴジ・ダツジ at 16:40| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

旅をしたくなる言葉 その71 ECHREバターがパリ土産になるわけ

エシレ3.jpgエシレ4.jpg

<フランス人が選ぶバター選手権 皆さん楽しそうに参加してくれました>

成城石井にありました ありました エシレが!

エシレが2050円 高くなっています! なんだかうれしく
なりました これだけでパリが恋しくなりました 
 

現地パリで買うといくらでしょうか
食の殿堂 ボンマルシェでは450円 スーパーモノプリでは400円
パリ北東部のタリグリ市場では350円です <250gのもの>

7倍から8倍の差があります なぜでしょう バーターの輸入には35%の
関税がかかり その上 農畜産振興機構から仕入れと販売価格の差に対して 
容赦ない徴収があります 

エシレ2.jpg<ANAのCAもパリのお土産はバターで 現物をこっそり見せてくれました>

エシレがパリのお土産の上位にランクされる理由は 
日本の畜産を守ることとつながっています

10年ほど前にエシレの専門店が大手町に
誕生し その数年後パリのボンマルシェの
バーター売り場に 日本の奥様方が殺到
し始めました

はっきり申し上げますけど パリの方々
から貴方が一番だと思うバターは 
<題してフランス人が選ぶバター選手権> 
の調査を敢行したのはこのゴジブログです 

その結果発表が エシレブームの火付け役
になったと言われていますが 
誰が言った?私ですよ私じゃいけませんか

 




posted by ゴジ・ダツジ at 13:56| 千葉 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

旅をしたくなる言葉 その70 セントラルパークで聞こえてくるもの

セントラルパーク2.jpg

<ルーパーカーメルディアンHの屋上からセントラルパークを望む>

公園で目を閉じれば 梢を風が揺らし小鳥の飛び交う森の音が聞こえ
踏みしめられた落ち葉の匂いが足元から立ち上ります 

セントラルパークは世界一だ 誰が何と言おうと私たちのモノ NYの市民 
セントラルパークの維持管理費の8割は市民の寄付です    NY市長

NY観光でセントラルパークは外せません ただしセントラルパークは
見に行くところではありません 感じるところです 
匂いを嗅いだり耳をすませばいいかというとそうではありません

大きな岩の上で <あちこちにあります> ただ座って空を見上げて
いればいいのです この公園を設計した人たちの意図が伝わります 
耳に入る公園を楽しむ人たちの声を聴いて下さい
聞き慣れない言語が飛び交っています

セントラルパーク.jpg

公園の西端ダコタハウスの真向かいに ストロベリーフィールズがあります 
あのIMAGINEの大きなプレートがその象徴です 
オノヨーコさんは このプレートとその維持費として100万ドルを
寄付したそうです
黙って空を見上げればイマジンの歌詞が聞こえてきます

   
posted by ゴジ・ダツジ at 19:15| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

気もち良いことリスト 美しい NORTH FACE のパンフ 

森.jpg

<塗りかかったところでギブアップです あとはPCでいじくりました>

塗り絵にも使えるパンフがあまりに美しいと紹介しましたが
塗ってみました 難しい 難しすぎます
決められたところを塗る これが困るのです 決められるのが

塗り絵は初体験です ノースフェイスさんのおかげで体験出来ました
根気がないのです もし根気があって塗り切ったら それはそれで
達成感があるのでしょう 残念! 根気がありません
ノースフェイス様 お許しください



  
posted by ゴジ・ダツジ at 15:54| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

気もち良いことリスト 初めて日経を褒めたい気分です

日の名残り2.jpg

<本題と全く関係ありません 日の名残り荘です>

ダウが下げ為替も円高に振れたのに 世界中に蔓延しだした下落風邪を
日経が止めました 今までになかったことです 下げのきっかけを作ったり
下げを加速させたり 見るに堪えないだらしなさでしたがどうしたのでしょう

結論をいちゃいます やはり25,000円から30,000円への
道が開いたは本物だったのです 
それでもアナリストたちはまだ油断できませんよと
私が正義ですと言わんばかりに慎重論を開陳していますが くそくらえです

上げる時は上げる 10年20年に一度ではありませんか 気持ち良く
ずずいと上げましょうよ 上げましょ  一気一憂もああ楽し! 一気?


posted by ゴジ・ダツジ at 14:34| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

気もち良いことリスト & 旅をしたくなる言葉 アンジェリーナのモンブラン

モンブラン三人衆.jpg

アンジェリーナの本店はパリ1区 ルーブルの側 ショウウインドウに
あのモンブランが魅力的な姿で客を誘う 日本のアンジェリーナの
キングサイズが向こうでは並サイズ 6.2ユーロ約1,000円

モンブラン2.jpg

高島屋の出店で並とキングサイズを買ってみた 500円と800円
お皿に乗せて見比べる 息子の見立て キングサイズは並の3倍はある

計ってみようとなる 並100g キングサイズ190g 重さでは
2倍はない 体積ではどうか?見かけは3倍以上に見える
計る手段が思いつかないうち 我慢できず食べ始める
すごく甘い! すごくうまい! すごく幸せ! ごちそうさまでした 

posted by ゴジ・ダツジ at 16:04| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする