2017年07月05日

気もち良いことリスト 頼まれもしないポスター作製

ポスター.jpg

声がした? 顔を上げると 見かけぬ人が叫んでいる
100円ですよ 100円! ここは陶芸教室 この人は無断で
入ってきたのか A4のペラペラ紙のポスターらしきものを掲げている

もりのてらす 毎月1日はコーヒーが半額の100円!と書かれている
何だかおかしい ただし私と波長が合うおかしさ 声を掛ける
そのポスター書き直しましょうか? 普通はエッ!とかなんとか驚くもの
だが ハイ!ときた

サインペンなどをお店から持ってきた 何を書くか確かめながら作る
出来上がった 礼もそこそこに お店にもどり入り口の壁に貼っている

このお店 陶芸教室と同じ棟にある身障者によるカフェテリア
手打ちうどん300円がうり コーヒーとの組み合わせは微妙だが
ポスターを描いたことで おかしなことに共同経営者気分?になりつつある


 
posted by ゴジ・ダツジ at 08:40| 千葉 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

旅をしたくなる言葉 その10 ボードレール

ゴー.jpg

だれでしたっけ 旅行は好きだが到着するのが嫌いでね は?
そうアインシュタイン博士でした そのお言葉にどこか通じる
ボードレールのお言葉です 長詩<旅>より

だが ほんとうの旅行者はというものは 出発するだけが目的で
旅をする人を差すのだ <中略> さあ 行かねばと叫ぶその人たち


私がこの詩を取り上げるのは訳があります お気づきでしょう
ゴジブログそのものだからです と言う事はアインシュタインも
ボードレールも遠い人ではなく案外身近な人? そこまで言うか
言っちゃいました

もしかすると 行かねば行かねばと叫んでいた小池さんが
今日感じている  あれっ!もう着いちゃったの でしょうか 
小池さんを応援している人の多くは 小池さんを応援しているのではなく
小池さんの 行かねば行かなば を応援しているのです まだまだこれからですよ





posted by ゴジ・ダツジ at 10:09| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

拝啓 小池都知事様 <号外> 議員面にならないための提言

議員面.jpg

大勝利おめでとうございます 小池さまもお気づくだと思いますが
今回の大勝利 選挙戦終盤に起きた自民党の見るに堪えないごたごた
のせいだと報じられていますが <当事者の下村氏も認めているが>

土俵を割って勝負がついた相手を これでもかと土俵の下に突き落とす
ようなもので あのごたごたがなくても勝負を付いていました

都民の支持を得て当選して知事が 自民党の都議にあいさつに出向いた折 
握手を拒否した あのジジイ議員のふんぞり返った姿が焼き付いて
しまったのです あの時に勝負はついていました 

自民党のごたごたも議員病によるものです 
都民ファの初々しい議員も数年で感染して 顔つきまで変えてしまいます
そこで小池知事さまへの提言です
私を先生と呼ばないで を新人議員お名刺に刷り込んでください
そして定期的に <議員面顔認証ソフト> で病気の感染状態をチェックして
ください

議員らしからぬ議員による 新しい都政を切り開かれんことをお祈りして
おります
*註 議員面顔認証ソフトはどこかで開発中と聞いております



posted by ゴジ・ダツジ at 10:52| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅をしたくなる言葉 その9 梨木香歩さんって誰だっけ?

唐辛子.jpg
<唐辛子のにおいが漂っています ソウルの市場>

失礼しました 知らない人なんです お言葉を頂く限り
存じ上げていなくてはいけないのに 

取りあえず お言葉を 梨木香歩・<鳥と雲と薬草袋>より
旅をしたことがある土地の名が ふとしたおりに <薬効>の
ようなものを私に与えてくれる

最近知ったかぶったりはしません ばれた時のしっぺ返しがどれほどのものか
懲りましたので 調べました著名な童話作家でした 蔦谷で読んでみます

梨木さんの言う通りです まるで恋人だった人の名のようにジワ〜ときます
私は名より香りです <匂いと書きたかったのですが香歩さんですから>

南国.jpg
<南国のパイナップルの甘いにおい>

表参道のポロのお店がその代表格で 門番<かっこいいお兄さん>が会釈で
迎えてくれたあと 店内から流れ出す香り<薬効>にありがたやありがたや
と手を合わせながらNYを思い出すのです 
目もダメ耳もダメじゃ鼻が頼りです この鼻があるかぎり88までは行けます



posted by ゴジ・ダツジ at 10:17| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

旅をしたくなる言葉 その8 あの村上春樹さん

朝立ち.jpg

あの誰々のあのには意味があります やる気が無い時しばし登場します
ですからどんなあのでも受け入れます ご心配なく 心配などしてない?

その村上春樹さんのお言葉<遠い太鼓より>
そう ある日突然 僕はどうしても長い旅に出たくなるのだ
それは旅に出る理由としては理想的であるように僕には思える


句読点はどこ?どこにで省略しました
私が旅に出たくなる理由は 一種の中毒です 1年は空けられません
このブログもいけません 旅だ旅だと急き立てます 
私の理想はある日突然ではなく 旅から帰ってきた日でも 
次の計画があることです

薬が切れかかって禁断症状が出始めました 横浜ぐらいでは収まりません
ブログを書くことで気を紛らしています 大げさ? 大げさぐらいが良いのです




posted by ゴジ・ダツジ at 08:52| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

旅をしたくなる言葉 その7 アインシュタイン氏

計画表.jpg

彼なら真理をつくお言葉が 心理をつくかは別ですが

お言葉 アインシュタインの著書より
旅行は好きだが 到着するのがきらいでね


真理・心理ともそれなりでした 何様!アインシュタインにたいして
畏れ多いでしょ? 
私も一番ワクワクするのが行きの飛行機の中です
地球の引力からいや日常から抜け出してどこへ? 目的地はあります
何が待っているか何に出会えるか 計画もあります

その通りいかなくても いやいかないからこそ旅 アインシュタインは
その思いめぐらしの過程こそ旅だと言っているのでしょうか

私はちょっと違います 始めから終わりまで いや始まる前から
終わった後も楽しみたいのです 私ぐらいの年配だと体力気力財力に
限られた時間の全てがモッタイナイのです 分かってもらえましたか
アイン様!
 
posted by ゴジ・ダツジ at 11:44| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

旅をしたくなる言葉 その6 ファインディング・ニモ君

北京.jpg
<北京 朝の雑踏 先ず歩く>

その6で早くもニモ君ですよ ニモ君!
このニモの冒険物語を知らない人はいないと思いますが 
もし知らなかったとしても あの愛らしい姿が浮かばない人はいませんよね

それではニモ君のお言葉
とにかく泳ごう
ああ気もち良い 字数にして7ですよ なんて気持ちいいお言葉でしょう

貴女ならなんて とにかく食べようですか それとも買いまくろうですか
どちらも!よくばりですね
私は歩きまくろうです これに尽きます ニモ君と同じです

朝6時に起きてホテルの周りを散歩 その日の天気気温そして体調を
肌で感じます 朝の散歩でお腹がすきました 朝食は昼ごはんの分も
一緒にいただきます 何せ歩きまくりですから

posted by ゴジ・ダツジ at 12:15| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

旅をしたくなる言葉 その5 車寅次郎兄〜と内田百關謳カ

割割.jpg
<計画派なら ユーロスターの料金が半額以下に 恐れ入ります>

同じことを言ってやがるで並べてみましたが それが寅さんと
百聞先生では ご両人あまり気分がよろしかぬ様子 共に故人だから
寅さんは亡くなっていない! そうでした?

お言葉
風の吹くまま気の向くままってやつだよ 車寅次郎
なんにも用事がないけれど汽車の乗って大阪へ来ようと思う 内田百聞

百聞先生の言い回しは大阪へ来ようで 私なら大阪へ行こうですけど
先生のことだから間違いはないにしても 昔の言い方でしょうか

私もその気の向くまま派でした 家内は地球の裏側も裏側 計画派です
どちらが裏か表かはこの際ネグるとして 賭け事が好きな人はすべからく
運任せの気の向くまま派でしょう 家内と旅を重ねているうちに賭け事と
同じで 運任せは当たりが少ないことを教えられました

ボストン.jpg

それでも血ですよね 娘も出たとこ勝負派でその娘と結託して 家内の一糸
乱れぬ計画を踏みにじり あのボストンの目抜き通りで大声で泣かれたことが
ありました いけませんいけません 
その後は文句なしに計画派の恩恵を受けています


   
posted by ゴジ・ダツジ at 13:28| 千葉 🌁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

旅をしたくなる言葉 その4 池波正太郎とヘミングウエイ <敬称略>

一人旅.jpg
<コッツウォルズでお世話になった一人旅の名古屋のお嬢さん>

早速お言葉を
旅は一人に限る <池波正太郎>
好きじゃない人間とは旅に出るなかれ <ヘミングウエイ>

そりゃ分っていますよ ですがね いろいろ事情もあるって訳で
今日も家内に言われましてね 貴方って誰にでも合わせられるんでしょって
いやお前だけなんて言えません 誰にでも合わせられるのが特技なんですから

ですが誓っていいますが 旅は家内と一緒が一番なんです これぐらいは
言えばよかったんですが それでも旅行中に一回は必ず喧嘩をします
大体わかっています 3〜4日目ですかね疲れが出るころです 
一人だったら当たり散らす相手もいないし 2人で一人前と言う事です

池波さんもヘミングさんも ご両人とも他人と合わせることが
嫌いじゃありませんか 言っちゃなんですが
1人部屋は高くつきますから 結局そこかい!!



posted by ゴジ・ダツジ at 10:52| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

旅をしたくなる言葉 その3 幸田文さん

夜更かし.jpg
<こんな表情になるんです 旅先では>

旅をしたくなる言葉 そそられましたか そそられるってなんだか
艶っぽい響きですよね

私は 旅をしているあいだの女というものは 誰にしても多少
いつもよりは 艶めいていると思っている
 <幸田文 旅の手帖より>

お酒が少しはいった時も 旅に身をゆだねているときも 上着を
脱いだような軽やかな気分になりますよね 女性なら艶っぽく
男性なら目を輝かして 

ロンドンのパブで 私がトイレに行っている隙に 中年の男性が
家内に言寄っていました 何事!と身構えましたが 家内の
艶っぽい顔つきを見て よかよかとそのおっさんに会釈をしてしまいました

いまでも楽しく笑えます ロンドンのパブでは まずトイレですよ

posted by ゴジ・ダツジ at 08:29| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする