2017年09月08日

気もち良いことリスト 5か月ぶりのお絵かき教室

ひまわり.jpg

昨日は失礼しました 政治ネタは後味も悪く気分を壊しごめんなさい

今日は軽くいきましょう  
お絵かき教室 180日ぶり メンバーは温かく迎えてくれました 
代り映えのしない面子で そのおかげでしょうか直ぐ調子が戻りました

題材は枯れたひまわり 枯れてもなお陽射しを振りまく花の王様です
長期離脱がウソのように筆が走ります ルンルンで描き終えました
仲間の反応がいまいちです 絵を見直してみました

勢いがありません 縮こまっています 面白さにかけます
まあ 初戦ですこんなものでしょう その内その内です
絵を描く楽しさが久しぶりなので新鮮でした 
この感覚すぐに消えてしまうのでしょうか 鮮度を保つ方法を教えて下さい

答えは間を開けろだろ! そうですが時間がないのです 
時間がたっぷりあるくせに 憐れみを乞うような言い方はやめなさい!
<註>このように突然誰だかわからない人とのやり取りになってしまうのは
カモカのおちゃん<田辺聖子>のパクリです マネだと言えと言っただろ!





posted by ゴジ・ダツジ at 07:40| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

山尾さん 有権者を見くびっていませんか

山尾氏の不倫騒動 頭にきた もう我慢できない 私たちが求めている議員は
日本の将来を切り開いてくれる人達だ 不倫した しないなど関係ない
怒っているので 表現に歯止めがかかりません

寄ってたかって せっかくの人材を不倫ごときで<不適切>パーにするなんて
本人のせいだ自業自得だって やめろ辞めろと言っているのはあんただ
清廉潔白で何事にも慎重で結局何もできない議員ばかりになってどうする

山尾さんも山尾さんだ 不倫しましたね ハイ!それがと応じてほしかった
不倫の肩を持つつもりはないが 政治家だったら不倫ごときで<不適切>
バタバタするな 有権者だって 骨のある議員なら少々のことは目をつぶる 
不倫は少々のこと?
議員として何をしたか出来るかに比べたら微々たる<不適切>もの 
家ではべつですよ 
散々絞られればいいんだ ぐうの音も出ないくらい 息の根も絶え絶えに

ところで山尾さん 政治資金は白でしょうね 黒だったらいけませんよ




posted by ゴジ・ダツジ at 14:42| 千葉 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅をしたくなる言葉 その51 ホリーの名刺 肩書は<旅行中>

ホリー.jpg

ティファニーはなんとなく分かりますが 普通のデパートの代表格
メイシーズにも 自分はそんな身分ではないから入らない入れない人が
います それでもアメリカには自由がありますし自由を求めています

トルーマン・カポティ ティファニーで朝食より
ホリーという明るく魅力的な女性が出てくる 彼女はニューヨークの
片すみのうらぶれた部屋に住んでいる 素のままで生きている女性
拾ってきた猫には名前がない 名前を付けること自体猫を拘束すると
思っているらしい ところが彼女は名刺を持っている その肩書は
<旅行中>とある


彼女にはこんな一面もある ぱっちりした緑色の美しい目をした黒んぼの
赤ちゃんほどかわいいものはないもん もんは口癖 私の口癖も同じだもん
ホリーにはアメリカの人たちを拘束する人種論など 別に!の女性でした

5番街.jpg

そこでティファニー 勿論入ります 隣のトランプタワーが気になりますが
この際無視して 宝石がきらめくショウウインドウをのぞき込みます
さすがティファニーの店員さん 一目で買うはずなしと見抜いているのに
それなりの対応です

トランプだ.jpg

ティファニーに入るときアメリカの身分格差云々の知識は必要でしょうか?
ときに知識は勇気を与えてくれますが 気後れのもとにもなります
知ったうえで堂々と 知らずにルンルンで 幸せはルンルンに訪れます


posted by ゴジ・ダツジ at 13:48| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

旅をしたくなる言葉 その50 タッカンマリ通りのタッカンマリって?

宮廷.jpg

涼しくなりました きょうは韓国料理にしましょう
ぐつぐつ赤く煮えたぎるあの鍋は暑い夏に食べてこそ! そこのアナタ
食事は鍛錬ではありませんよ

東大門近くのタッカンマリ通りにあるソンガネタッカンマリの主人です
うちはタッカンマリ一本 ソウル一美味しいぞ 鳥が一羽丸々入っているけど
それは若どり スープもうまいだろ 年寄の鳥からとったんだ 


なんだか嬉しいですよね 理由が分かっても先回りして言わないで下さいね
そうなんです 年寄りの鳥は味があるからスープに 嬉しいじゃありませんか
私が年寄りだから 違います この主人 人のいや鳥の使い分けを心得て
いるんですね

市場のおばちゃん.jpg

韓国料理は 唐辛子と鶏肉と野菜です 身体に良いんでしょうね 市場の
おばちゃんもびっくりするくらい大声で 顔がまずくても肌はつるつる
韓国は元気をもらいに行くところです

posted by ゴジ・ダツジ at 08:43| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

気もち良いことリスト 期待と落胆の関係 <陶器の小屋第一号>

年報.jpg

窯を開ける前 期待が膨らみます どんどんどんどん いくら何でも
抑えます反動が怖いのです 今までの窯出し時実績は 期待以上1割 
期待以下2割 話にならない7割です 

期待値を下げることが がっかり度をうやむやにさせてくれるのですが
期待そのものが がんばって作った褒美みたいなもので 作品以上の
作品なのです

家々.jpg 

そして窯が開きました 覗き込みます 話にならない7割作品たちが 
申し訳なさそうに下を向いています
それでも 一事が万事塞翁の馬が駆けつけてきました 実は釜入れの時
満杯で 私の作品の一部しか入らなかったのです

話にならない7割作品たちが声を掛けてくれました どこが悪かったか
分かりました? 手に取って謝ります やはり釉をかけすぎたのです
窯に入らなかった残りの作品を洗面台に持って行き 釉を流しさっぱり
させました 今度こそと期待君がスタートラインで身構えています

 
posted by ゴジ・ダツジ at 10:10| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

旅をしたくなる言葉 その49 フランスにはフランス人形は売ってない

人形.jpg

困った時の**たのみ お許しくださいパリの秘密です
鹿島茂さんがどれだけ調べ 何度も現地にもおもむき 事実と虚実を
たしかめ 自分の想いを乗せてこの本を書き上げられたか 
実のところ私は知りません だからできるのです おかまいなしの流用が

鹿島茂さん パリの秘密 フランス人形の幻影より
日本から来た友人に相談をもちかけられた 知り合いからフランスに行くなら
お土産にフランス人形を と頼まれ引き受けたがいいが いざ買いに行って
ひどく困惑したとのこと 中略  日本人がイメージするフランス人形など
どこにも売っていないからだ


フランスに行くならフランス人形を買ってくる 何だかふた昔前のようです
実は私も買ってきました 45年前です ドゴール空港の売店だったと
思います けちけちしないでもっと立派なものにすればと今でも悔やみます
<家内が>

エシレ.jpg

ここ数年は お土産探しには困りません 私がパリに行くと聞きつけると
ヒバリのひなのように口を開けて エシレエシレの大合唱が聞こえてきます
パリにまた行きたいと思うのは エシレバターを待つひな鳥のためです
また行くとしたら こんどこそ税関に咎められるくらい買い込みます  

posted by ゴジ・ダツジ at 15:29| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

旅をしたくなる言葉 その48 ブキニストって?ビキニストなら見たいけど

パリス.jpg

表題にまで冗談が混じるときはろくなことになりません
そのはずです 旅をしたくなる言葉を続けるのは 無理無理で
言葉ではなく話になりがちです 気を取り直し切り札を使います

鹿島茂さん パリの秘密より 古本屋=ブキニスト
市内を貫流する大河を持つ首都はパリに限らないが 河岸の欄干に
ずらり古本屋の売り台が並ぶという光景が見られるのはパリだけである


セーヌの両岸にずらりと並ぶ古本屋は相当の数になります さして
繁盛しているようには見えませんが 商売になっているのでしょうか
話によると このブキニスト達は16世紀からここに居座っているらしく
今ではパリの名物になっています

セーヌ.jpg

のぞいてみましょう 古本はかさばるし重いしヨコ文字だし旅行者には
手が出ません 古い絵葉書がどっさり箱に入っています 見ると使用済みの
モノばかり それだから良いのでしょうが 何だか使用済みの下着を買う
ような気がして元に戻してしまいました

もしハガキの字が読めたら 内容次第では買っていたかもしれません
自分が書いた絵葉書をその中にそっと入れたら? ダメダメ本名ではね

posted by ゴジ・ダツジ at 17:32| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

旅をしたくなる言葉 その47 坊主憎ければ袈裟までも

朝の.jpg
<ウエスティンホテル前の通り>

テキサスの被災地に向かうトランプ夫妻 メラニアさんの足もとに
目が注がれる まるで竹馬これぞハイヒール
NHKのキャッチインサイトのキャスター マイケルさんが街頭で聞く
どうですあのハイヒール?

今日のお言葉 インタビュウに答えるニューヨークの中年女性

どこが悪いの 私も職場ではハイヒールよ 通勤時はスニーカーだけど
ハイヒールの方がきびきび動けてしっかり働けるの メラニアも飛行機の
中で履き替えたのでしょ 非難されたから履き替えた? ウソ!ウソ!


ホテル前.jpg
<マリオットマーキースホテル前の通り>

ニューヨークの朝 通勤風景を見ているとこちらまで戦闘モードになってくる
今日はどこへ?に拍車がかかる だから朝の通勤風景が好きなのです
早く目が覚めてしまう 落ち着けない性分もあるでしょう ですが早朝の
ニューヨーカーの通勤風景は見逃せません 確かに女性は皆スニカーでした
私ですか?サンダルです 前の通りを見るだけですから 履き替えてきますよ

 
posted by ゴジ・ダツジ at 11:21| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

旅をしたくなる言葉 その46 ニューヨークのタクシードライバー

タクシー.jpg

ケネディ空港から市内まで そして帰路もまた利用するタクシー
その運転手さんの殆どが祖国を離れNYで働く移民です
今日の旅の言葉は 名だけのロシアの自由に嫌気してNYで暮らす
デジルさんです お国はロシアの属国***です 実は思いだせません

見ることは食べることより思い出に残る と言う諺がわが国にはあります
お客さんはどうでしたか? 


デジルさん正直なところどっこいどっこいです 歳とともに食べることが
優勢になってきました
目の前を走るタクシーもトヨタです 日本車が7,8割占めているでしょうか
その中でもトヨタが目立ちます

NY.jpg

もうじきケネディー空港です 帰路のタクシーは心残り8割 日本恋しい
2割です ガッタンと揺れました この地では吊取手は離せません
またガッタンです 何ということでしょう 吊取手がもげて手の中に

それでも無事着きました 家内が料金を払っている隙に 車の前に出て
車種の確認です どうしたことでしょう 安全安心のトヨタでした

 
posted by ゴジ・ダツジ at 17:56| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

旅をしたくなる言葉 その45 ミヒャエル・エンデ 

モモ.jpg

子供のとき読んだ本 読んでくれた本のことは大人になっても覚えています
私の場合はある事情があって子供の時がありませんでした 
ですからこの歳になっても子供でいられるのです 

それではミヒャエル・エンデの<モモ>よりそのお言葉
むかし むかし人間が今とはまるで違う言葉で話していたころも あたたかい
国々にはもうすでに 立派な都市がありました そこには王さまの宮殿が
そびえたち 広々とした大通りや狭い裏通りや ごちゃごちゃした露地があり
ました 美しい広場や大きな劇場も そういうところにはあったものです


劇場.jpg

モモのこと知っていますよね 時間どろぼうにぬすまれた時間を取り戻して
くれる不思議な女の子のお話しです 
結びで 私はいまの話を過去に起こったように話しましたね 
でも将来起こることとして話してもよかったのですよ・・

遺跡.jpg

ここはローマのフォローマのです ブルータスお前もか!の声が
今でも遺跡にこだましています

コロッセオ.jpg
<コロッセオからフォロロマーノが見えます>

<コロッセオが建っている限り ローマは建っているだろう コロッセオが
倒れる時はローマは終わる しかしローマが崩壊するときは世界も終わりを
告げるだろう> と言われたローマ
 
今の世に例えるなら読売巨人軍の衰退に似ている 今年のペナントレースは
終了した いや待てよ諦めるのはまだ早い 
だけどね〜 クライマックスシリーズで勝ち上がって日本シリーズへ
何だかちっともうれしくないね 




posted by ゴジ・ダツジ at 17:26| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする