2018年05月09日

落合博満との長き確執

img036.jpg

<内容と関係ない画像です お許しください>

私と落合博満の間には40年の確執がありました もちろん片確執です
40年前 勤めていた会社に落合が入社してきました 彼の非凡な長打力で
府中の野球練習場の外野のネットが倍の高さにつくかえられました

そしてプロ野球での活躍 その後中日の監督として日本シリーズに臨んだ時 
決定的なことが起きてしまいました
第5戦 山井投手が8回までパーフェクト 日本シリーズでの完全試合を
達成を期待する異常な雰囲気が球場全体を覆う中 9回のマウンドには
山井投手の姿はなく岩瀬投手が上がっていました 

勝つためには手段を選ばないこの采配は落合を語る時 長く付きまとう逸話と
なりました それを境に私も落合の顔を見るのも嫌になってしまいました

先日 その日その時の真実がTVで明かされました 8回を投げダックアウトに
戻る山井の指から血が流れているのを見つけた森コーチが 山井に尋ねます
大丈夫か代わるかと 気弱の山井は大丈夫です投げさせてくださいとは言えず
代わるかに反応してお願いしますと言ってしまったのです

日本中に巻き起こった大ブーイングの中でも その真相を落合は語りません
でした 監督は選手を守るの信念があったからです

確執が溶けだす心地よさをかみしめながら 私は落合氏に頭を下げました
次号は<落合が語る大谷>です



  

posted by ゴジ・ダツジ at 15:47| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]