2017年07月31日

旅をしたくなる言葉 その30 浦一也さん

キリヤド.jpg

まず一泊して 翌朝まだ外は暗いなか 洗面所に椅子を持ち込み洗面台を
テーブル代わりにして部屋の見取り図を描く これは私の部屋への挨拶です
ホテルの部屋を書き綴った浦一也さんの旅の本は別格です

建築家でインテリアデザイナーの浦一也さんのお言葉 旅はゲストルームより

まずは部屋の採寸 一定の尺寸で平面図にまとめ ディテールを写し取って
みると その部屋を設計した意図がよく分かるばかりでなく サービスの姿勢
から民族性に至るまで さまざまな勉強になる 

このような突きつめた旅の<部屋の>楽しみ方には 正直ついて行けません
私のような上辺人間がとやかく言う筋合いではなさそうです それにしても
スゴイ! 何せこの本には69もの部屋の見取り図が収録されているんですよ

ゴッホの部屋.jpg

行きがかり上 私が書いた部屋の見取り図を載せましたが このブログを
本にしようとしていたら 浦さんには負けないものになっていたと思います
負け惜しみもたいがいにしましょう 浦様申し訳ございません


 
posted by ゴジ・ダツジ at 19:07| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]