2017年07月22日

旅をしたくなる言葉 その22 西洋のことわざの辛辣さ

書店.jpg
<NYの書店にて>

あちらの諺は どちらかというと 甘い顔を見せません
ズバリ夢を打ち砕きます おべんちゃらがないのです 
私のような人間の生活するところではありません

今日はその2本立てです <どちらかがイギリス産です>
ロバが旅に出たところで 馬になって帰ってくるわけではない
それはそうでしょうけど
旅は利口なものをいっそう利口にして 愚か者をいっそう愚かにする
そこまで言わなくても

ドックラン.jpg
<ロンドンの新しい開発地域ドックラン>

西洋には巡礼の旅という習慣がありました こぞって出かけたようです
私は巡礼の旅をしましたよとこれ見よがしに自慢する人への揶揄でしょうか
<誰かさんブログにも当てはまりそうですね>

私の旅は? 愚かなロバでも旅はそれなりに楽しいもの 馬になろう
利口になろうとは思わないけど 愚かなロバでも光の差すところに
行きたいのです ヒヒーン!と鳴きたいのです 
ロバはどんな鳴きかたでしたっけ?
posted by ゴジ・ダツジ at 07:43| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]