2017年07月21日

旅をしたくなる言葉 その21 ヘミングウエイ

カフェ.jpg

たがために鐘はなる
そのヘミングさんのお言葉 回想のパリより

もし君が幸運にも青年時代にパリに住んでいたとすれば 君の残りの人生を
どこで過ごそうとも それは君について回る パリは移動祝祭日だからだ


私はヘミングウエイの追っかけです そのつもりはなくとも追っかけです
晩年を過ごした フロリダのマイアミの別宅を見せて貰いました 
目の前の海は入道雲を従えて彼らしく明るく広がっていました

マイアミ.jpg

パリのアメリカ人と言われたヘミングウエイ行きつけのカフェで
お茶にしました 道に面した椅子席で4ユーロと高めでした
以上追っかけと言ってもこれだけです

私が初めてパリに行ったのは29歳の時でした 物心がつくのが遅かったので
29歳と言えども十分青年期でした ヘミング様の言う通りその時から
パリも東京もどこもかしこも移動祝祭日となってしまいました
ひとえにパリのお陰です

 

posted by ゴジ・ダツジ at 16:59| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]