2017年07月15日

気もち良いことリスト 夏の陶芸展 大変でしたねのお言葉

展示1.jpg

作品を展示台に広げ出した時 手伝いましょう と声がかかりました  
あちこちから手が伸び 助かります!助かります! でしたが 
その中に家を自分好みに並べだす人が出てきました
道をここに通して教会は後ろに 私の村は参道沿いね で
村が次々と誕生します どの村も整然としてすっきりしています

私好みのごちゃごちゃ感は? 誰もがごちゃごちゃが許せないのです 
キレイに出来ましたねと口では言いつつ そうかと思いつきました
この街並2時間で元に戻します まだ自分好みの街並みを作りたい人が
いるようなので やはり私はうそつきなのです

展示2.jpg

来年は街づくりコーナーを別に作ったら だけどこれ以上展示スペースを
頂くのはどうでしょう 今回だって82名も参加して各人の展示スペースは
A3の広さ2枚程度なのです 展示場所によっては気にいらないと
クレームもつく位ですから 

それやこれやを思いを巡らすと だんだん窮屈になってきました 
それなのにどうでしょう 卓球台より大きなスペースの上で わが家どもは
我がもの顔ではしゃいでいます 身の程知らづにもほどがあります

展示3.jpg
 家ども同様 私も口ほどには委縮して
 いませんでした 
 思ったより評判が良かったのです
 
 格調高く美しい展示物は 見る側にも
 それなりの姿勢を強いるところがあります 
 それに引き換え 私の作品はそれらの
 引き立て役でもあり 息抜きのお気楽
 作品でした

 私の作品へのお褒めの言葉は 
 大変でしたねとか よくこれほど
 作れましたね 以外は思いだせません 
 
 その労をねぎらうような言葉でも
 なんだか 大スペースを頂いた
 責任のようなものが気が付くと
 溶け出していました





posted by ゴジ・ダツジ at 12:58| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]