2017年05月12日

がん研の待合室 友達の作り方

マスクの人.jpg
<女性の放射線技師 船に乗った姿を連想してしまう人?>

学校が一緒だった 職場が同じ 趣味が同じで が今までの友達が
発生する範囲 今回病気が一緒が新たに加わった つぎはお墓が?

ラケットさんを友達といって良いもんだろうか あと12回は
待合室でデートできる 
ラケットさんの職業が分かった 私から聞いたのではない

衝立の凸凹ガラスをさして あれを作っていたんです!ラケットさんが
切り出した それじゃガラス屋さんですか?
あのガラスを作る型を作っていました 旭硝子などに収めるんです
技術屋さんですね? いや職人みたいなものです 

真剣な表情で型を彫り込むラケットさんの姿が浮かんできた
知らない世界の話は面白い  私の話は吉本より面白いと
ラケットさんは言ってくれるが 面白いの意味が大分違う


  
posted by ゴジ・ダツジ at 18:25| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]