2017年03月12日

がん研の待合室 血を頂けませんか!

縄文土器.jpg
<私の祖先が使っていた縄文土器 福島産>

採血に向かう廊下で白衣を着た女性に呼び止められる  
血を頂けませんか? 私の血を! ハイ! 女性は
ナショナル・バイオバンク・ネットワークプロジェクトのメンバーだった

研究用に保管して使いたいらしく 診療後の経過情報を活用して
今後の医学研究用として 未来の生命に役立つ とかなんとか
大体そんな内容の説明だった

特に印象に残ったのが 貴方のDNAに重大な欠陥があった場合
お知らせしますか それとも 最後まで聞かないうちにYESと答える
重大な欠陥? DNAを調べなくても見ての通りと言いかけたが口をつぐむ

縄文時代からいやもっと昔から受け継いできたDNAに重大な欠陥が
あったら生き延びてはいないだろう それとも・・まーいい考えても始まらない 
悠久の時を超えて受け継いできたDNA君 貴方の生命は永遠ですか

posted by ゴジ・ダツジ at 08:25| 千葉 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
病院にはいろんな冒険が・・・!
病院にいると、いろんな体験をされますね。
血を集めている人がいるんですね!
でもDNAの欠陥という言葉にはなじみにくいですね。特長や個性はあるのだと思いますが、欠陥かぁ・・・・

ところで、縄文土器の渦巻きが素敵です。
本物を手に入れることはできないと思うので、ぜひそこから発展させた、平成版縄文式土器を制作していただけませんか?次回の陶器展の作品にいかがでしょうか?
Posted by YOKO at 2017年03月13日 15:31
病院は未知の世界だったはずが なんだか自分の庭のような 病魔と好奇心は仲が悪いようですが
この際手を結ばせます
 
縄文土器風にチャレンジ
土器の野焼き温度は800度 陶芸教室の窯温度は1230度です
仕上がりの風合いが違いすぎますので あのデザインを参考に試してみます
Posted by ゴジ・ダツジ at 2017年03月13日 18:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]