2017年02月17日

気持ちいいことリスト 11 ラスコー洞窟その2

雄牛.jpg

薄暗い洞窟内にベンチが置かれていた シルバーシートかもしれない
腰を下ろしまた壁画を見直す やはりそうだ 登場していいはずの
動物たちが見当たらない その代表格がマンモス はじめ人間ギャートルズ
では常連だった 鳥も魚も出てこない なぜだ? 洞窟の住人になって
考える 馬や牛やシカの方が描きやすいので 洞窟の絵描きがつぶやいた

スタンプ.jpg

やはりそうだ 馬も牛も頭と足が小さく描かれている なぜだ?
洞窟の住人になって考える 我々クロマニオン人は175CMもあって
スマートだ それに引き換えネアンダール人ときたら165CMしかないのに
我々より重いらしい そうだ馬も牛もスマートに描こう 洞窟の絵描きが
つぶやいた

私もつぶやく そんなに毛嫌いしていたネアンダール人との混血が多いのは
なぜだ 中には変わり者がいてねか それじゃ現代人にネアンダール人の
DNAが殆ど受け継がれなかったのはなぜ やはり見栄えの良い方を好む
のが人の常だと言うこと? ラスコー洞窟は人類の歴史が詰まっている?
  
posted by ゴジ・ダツジ at 08:38| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]