2016年03月25日

ヨーロッパアルプス氷河スキー その26 エギューデェミディー

エギューデミディ―.jpg

シャモニーを訪れた人は100%エギューデェミディーに上ります
もし上らない人がいたら 1−前夜カジノのでゴンドラ代まですった人か
2−すでに5回以上上った人か 3−子供のころ滑り台から転げ落ちた人です
それなら100%では無いのでは? 言葉の綾ですよ 綾が好きなもので

グランドジョラス針峰群.jpg

エギューデェミディーは山の名です 正午の時計の針 が日本語の意味で
現地の人はこれから正午の時計の針に・・などと会話するのでしょうか?
麓のシャモニーの街からゴンドラで一気に3842Mまで 高山病の恐れが
あるため途中駅での休憩を薦められました

エギューデミディ山頂駅.jpg

ゴンドラの料金は50ユーロです 高い? 当然です元が取れます
私の価値判断<€換算> 眼下にシャモニーの街が見えます<15ユーロ>
氷河を眺めながら<15ユーロ> 針峰群が目の前に迫る<15ユーロ>
3大北壁グランドジョラスを愛でる<15ユーロ> バレーブラッシュ氷河
に思いをはせる<15ユーロ> 合計でおつりがくる60ユーロです
ついでにカジノでする額が減る?

えげつないユーロ換算までしてその良さを分かってもらおうとしましたが
逆効果だったようで それにしても頂上は寒かった

posted by ゴジ・ダツジ at 16:23| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]