2017年09月07日

山尾さん 有権者を見くびっていませんか

山尾氏の不倫騒動 頭にきた もう我慢できない 私たちが求めている議員は
日本の将来を切り開いてくれる人達だ 不倫した しないなど関係ない
怒っているので 表現に歯止めがかかりません

寄ってたかって せっかくの人材を不倫ごときで<不適切>パーにするなんて
本人のせいだ自業自得だって やめろ辞めろと言っているのはあんただ
清廉潔白で何事にも慎重で結局何もできない議員ばかりになってどうする

山尾さんも山尾さんだ 不倫しましたね ハイ!それがと応じてほしかった
不倫の肩を持つつもりはないが 政治家だったら不倫ごときで<不適切>
バタバタするな 有権者だって 骨のある議員なら少々のことは目をつぶる 
不倫は少々のこと?
議員として何をしたか出来るかに比べたら微々たる<不適切>もの 
家ではべつですよ 
散々絞られればいいんだ ぐうの音も出ないくらい 息の根も絶え絶えに

ところで山尾さん 政治資金は白でしょうね 黒だったらいけませんよ




posted by ゴジ・ダツジ at 14:42| 千葉 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅をしたくなる言葉 その51 ホリーの名刺 肩書は<旅行中>

ホリー.jpg

ティファニーはなんとなく分かりますが 普通のデパートの代表格
メイシーズにも 自分はそんな身分ではないから入らない入れない人が
います それでもアメリカには自由がありますし自由を求めています

トルーマン・カポティ ティファニーで朝食より
ホリーという明るく魅力的な女性が出てくる 彼女はニューヨークの
片すみのうらぶれた部屋に住んでいる 素のままで生きている女性
拾ってきた猫には名前がない 名前を付けること自体猫を拘束すると
思っているらしい ところが彼女は名刺を持っている その肩書は
<旅行中>とある


彼女にはこんな一面もある ぱっちりした緑色の美しい目をした黒んぼの
赤ちゃんほどかわいいものはないもん もんは口癖 私の口癖も同じだもん
ホリーにはアメリカの人たちを拘束する人種論など 別に!の女性でした

5番街.jpg

そこでティファニー 勿論入ります 隣のトランプタワーが気になりますが
この際無視して 宝石がきらめくショウウインドウをのぞき込みます
さすがティファニーの店員さん 一目で買うはずなしと見抜いているのに
それなりの対応です

トランプだ.jpg

ティファニーに入るときアメリカの身分格差云々の知識は必要でしょうか?
ときに知識は勇気を与えてくれますが 気後れのもとにもなります
知ったうえで堂々と 知らずにルンルンで 幸せはルンルンに訪れます


posted by ゴジ・ダツジ at 13:48| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする