2017年09月03日

旅をしたくなる言葉 その48 ブキニストって?ビキニストなら見たいけど

パリス.jpg

表題にまで冗談が混じるときはろくなことになりません
そのはずです 旅をしたくなる言葉を続けるのは 無理無理で
言葉ではなく話になりがちです 気を取り直し切り札を使います

鹿島茂さん パリの秘密より 古本屋=ブキニスト
市内を貫流する大河を持つ首都はパリに限らないが 河岸の欄干に
ずらり古本屋の売り台が並ぶという光景が見られるのはパリだけである


セーヌの両岸にずらりと並ぶ古本屋は相当の数になります さして
繁盛しているようには見えませんが 商売になっているのでしょうか
話によると このブキニスト達は16世紀からここに居座っているらしく
今ではパリの名物になっています

セーヌ.jpg

のぞいてみましょう 古本はかさばるし重いしヨコ文字だし旅行者には
手が出ません 古い絵葉書がどっさり箱に入っています 見ると使用済みの
モノばかり それだから良いのでしょうが 何だか使用済みの下着を買う
ような気がして元に戻してしまいました

もしハガキの字が読めたら 内容次第では買っていたかもしれません
自分が書いた絵葉書をその中にそっと入れたら? ダメダメ本名ではね

posted by ゴジ・ダツジ at 17:32| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする