2017年08月01日

旅をしたくなる言葉 その31 妹尾河童さん

ウエスティン.jpg
<NYウエスティンホテルの部屋>

河童は本名です 河童のペンネームで出した本が売れて
河童さんと呼ばれるようになり 肇さんを捨てて河童さんになったそうです
改名は どうしようもない珍名さんが役所に申請して 普通の名前に
するものなのに わざわざ珍名にの申請には役所も大分渋ったようです

その珍名さんのお言葉 カッパが覗いたインドより
スケッチブックと巻き尺を携え インドの大地を這いまわった 
下痢にもめげづ熱射病を乗り越えて


なんだか楽しそうな旅ではなさそうですね それでもインドに行くなら
これを読んでからと今でも言われるそうです 

バス車内.jpg
<パリのバス>

河童さんは夜のヒットスタジオの美術担当だったそうで ホテルでも列車の
中でも巻き尺で測れるものすべてを図面にしています 
添え書きも自筆そのままを印刷する凝りようです

その30でお出まし願った浦さんも 旅を深くする小道具は巻き尺でした
でも私は持参しません 旅先でいちいち計るなんてしんど過ぎます
この2人 言っちゃなんですが変人奇人の類ではと疑っています だから
面白いのかもしれません




posted by ゴジ・ダツジ at 17:01| 千葉 ☔| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする