2017年07月12日

旅をしたくなる言葉 その15 兼高かおるさん  

世界の旅.jpg

そうなんですの 上品な語り口が耳に残る 兼高さんの世界旅行 
知っている人と知らない人では 世界観が違います
知らない人は 飛行機に乗って外国へ行くことを なにか!で片づけます
私の世代は 兼高さんの世界旅行が憧れでした その憧れを手にしたとき
聞いて聞いてと 自慢せずにはいられませんでした いまだにです 
自慢するかしないかで時代が分かります

それではその憧れのお言葉です 兼高かおる <私が旅から学んだこと>
世界を巡る旅は まるでエンドレスの映画を見ているよう ですの
ですのはイメージです

エンドレスの旅とは 終わりのない旅 終わりがない旅と言えば
ネーバー エンディング ストリー あのモーラ口癖です 旅人よ
そんなに急いでどこへ行く どうでもいいけどね 
兼高さん申し訳ありません この部屋クラ―がついていません 失礼します



posted by ゴジ・ダツジ at 15:41| 千葉 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする