2017年06月30日

旅をしたくなる言葉 その6 ファインディング・ニモ君

北京.jpg
<北京 朝の雑踏 先ず歩く>

その6で早くもニモ君ですよ ニモ君!
このニモの冒険物語を知らない人はいないと思いますが 
もし知らなかったとしても あの愛らしい姿が浮かばない人はいませんよね

それではニモ君のお言葉
とにかく泳ごう
ああ気もち良い 字数にして7ですよ なんて気持ちいいお言葉でしょう

貴女ならなんて とにかく食べようですか それとも買いまくろうですか
どちらも!よくばりですね
私は歩きまくろうです これに尽きます ニモ君と同じです

朝6時に起きてホテルの周りを散歩 その日の天気気温そして体調を
肌で感じます 朝の散歩でお腹がすきました 朝食は昼ごはんの分も
一緒にいただきます 何せ歩きまくりですから

posted by ゴジ・ダツジ at 12:15| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

旅をしたくなる言葉 その5 車寅次郎兄〜と内田百關謳カ

割割.jpg
<計画派なら ユーロスターの料金が半額以下に 恐れ入ります>

同じことを言ってやがるで並べてみましたが それが寅さんと
百聞先生では ご両人あまり気分がよろしかぬ様子 共に故人だから
寅さんは亡くなっていない! そうでした?

お言葉
風の吹くまま気の向くままってやつだよ 車寅次郎
なんにも用事がないけれど汽車の乗って大阪へ来ようと思う 内田百聞

百聞先生の言い回しは大阪へ来ようで 私なら大阪へ行こうですけど
先生のことだから間違いはないにしても 昔の言い方でしょうか

私もその気の向くまま派でした 家内は地球の裏側も裏側 計画派です
どちらが裏か表かはこの際ネグるとして 賭け事が好きな人はすべからく
運任せの気の向くまま派でしょう 家内と旅を重ねているうちに賭け事と
同じで 運任せは当たりが少ないことを教えられました

ボストン.jpg

それでも血ですよね 娘も出たとこ勝負派でその娘と結託して 家内の一糸
乱れぬ計画を踏みにじり あのボストンの目抜き通りで大声で泣かれたことが
ありました いけませんいけません 
その後は文句なしに計画派の恩恵を受けています


   
posted by ゴジ・ダツジ at 13:28| 千葉 🌁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

旅をしたくなる言葉 その4 池波正太郎とヘミングウエイ <敬称略>

一人旅.jpg
<コッツウォルズでお世話になった一人旅の名古屋のお嬢さん>

早速お言葉を
旅は一人に限る <池波正太郎>
好きじゃない人間とは旅に出るなかれ <ヘミングウエイ>

そりゃ分っていますよ ですがね いろいろ事情もあるって訳で
今日も家内に言われましてね 貴方って誰にでも合わせられるんでしょって
いやお前だけなんて言えません 誰にでも合わせられるのが特技なんですから

ですが誓っていいますが 旅は家内と一緒が一番なんです これぐらいは
言えばよかったんですが それでも旅行中に一回は必ず喧嘩をします
大体わかっています 3〜4日目ですかね疲れが出るころです 
一人だったら当たり散らす相手もいないし 2人で一人前と言う事です

池波さんもヘミングさんも ご両人とも他人と合わせることが
嫌いじゃありませんか 言っちゃなんですが
1人部屋は高くつきますから 結局そこかい!!



posted by ゴジ・ダツジ at 10:52| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

旅をしたくなる言葉 その3 幸田文さん

夜更かし.jpg
<こんな表情になるんです 旅先では>

旅をしたくなる言葉 そそられましたか そそられるってなんだか
艶っぽい響きですよね

私は 旅をしているあいだの女というものは 誰にしても多少
いつもよりは 艶めいていると思っている
 <幸田文 旅の手帖より>

お酒が少しはいった時も 旅に身をゆだねているときも 上着を
脱いだような軽やかな気分になりますよね 女性なら艶っぽく
男性なら目を輝かして 

ロンドンのパブで 私がトイレに行っている隙に 中年の男性が
家内に言寄っていました 何事!と身構えましたが 家内の
艶っぽい顔つきを見て よかよかとそのおっさんに会釈をしてしまいました

いまでも楽しく笑えます ロンドンのパブでは まずトイレですよ

posted by ゴジ・ダツジ at 08:29| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

旅をしたくなる言葉 その2 <スナフキン様?>

スーツケース2.jpg

スナフキンを君で呼べばいいのか それともチャン いやさんだ
意見がまとまりません そこで様に どんどん離れていくような

スナフキン氏のお言葉 まだ迷っています
長い旅には カバンより 歌だよ 
カバンなしでは考えられません 新しいスーツケースを買ったばかりなのに
そこで 長い旅には カバンより スケッチブックだよ まともすぎ

作成中のジオラマのテーマが ムーミンはUFOに乗って地球に?ですから
スナフキンの言葉はおろそかにはできません そこでスナフキンの名言集を

ムーミン<義務って何のこと?>スナフキン<したくないことをすることさ>
名言集に載るほどではありませんでしたね それではもう一つ

<そのうち>なんてあてにならないよ 今がその時さ 
今でしょ!は良く聞きますけど スナフキンの言葉だったんですね






posted by ゴジ・ダツジ at 07:12| 千葉 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

旅をしたくなる言葉 その1 <向田邦子さん>

オペラ.jpg

&PREMIUM8月号に 旅をしたくなる7人の言葉が載っていました
私なら旅がしたくと書きますが この雑誌のタイトルは旅をしたくでした
気になりましたか どうでもいい?

その特集をチャッカリコピーして持ち帰りました 
その言葉に自分の言葉をチャッカリ載せて自分のモノにしてしまおうという
魂胆です もう一つぐらいチャッカリを使かおうと 思いつきません
チャッカリって一体どこから出てきた言葉でしょうか どうでもいい?

先ずは 向田邦子さん 
旅も恋も その時も楽しいが 反芻はもっと楽しいのである
この雑誌女性向けですよね 冒頭の言葉がコレですから 今の私には
怖いくらい染みます <女性化が進んでいるのでしょう>

そこで私の言葉
旅も恋も その時は夢中になれるが 終わりかけているときが一番さみしい
旅へいざなう言葉でスタートすべきでした 次回から心がけます
*本シリーズに登場する絵は使い古したものです 何せ反芻ですから


posted by ゴジ・ダツジ at 15:37| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

気もち良いことリスト 私を先生と呼ばないで 

先生と呼ばないで.jpg
<先生と呼んで いや呼ばないで やはり呼んで ああ気もち良い>

TVからまたあのバリ雑言が 恐ろしいことに聞き慣れてしまった
慣れは怖い 恐ろしいと怖いを冒頭から使うとは 何じゃい!

10年ほど前 市会議員に成りたての人が陶芸教室に入ってきた
同い年でもあったせいか直ぐにお話し友達になった 
市会議員とは?の話の中で 議員を先生と呼ぶのはどうかと思いますよ
を 彼にぶつけてみた
彼も同じことを感じていたらしく その数週間後 これでどうでしょうと
渡された名刺に 私を先生と呼ばないで下さい と書き込まれていた

男性議員ならゴロゴロ存在しているとおもう ふんぞり返ったバリ雑言先生
その一端は あの先生!先生!にあると思う 気持ち良く怒鳴ってみたい
願望が誰にでもある 先生!はその許可証の響きがあるからだ

先生!の副作用が出ないうちに彼はやめた 奥様が身体を壊して
看病に専念することで引退された 

<ブログを書いている途中 小林麻央さんの悲しいニュースが ご冥福を>

posted by ゴジ・ダツジ at 15:23| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

気もち良いことリスト PON PON PONをマネる? 

街頭演奏.jpg

朝ドラひよっこのオープニングの背景のジオラマが気になる
いつの間にかマネをしている 私もジオラマづくりに向かっている
今回はヒントをもらった程度で今までになく胸を張れる
 
ひよっこのジオラマが生き生きしているのは時代背景の取り込みと
背景の影 これがいい
いっぱしの芸術家気取りで どうすれば効果的かと頭を悩ましている
病気のこともあって 今回が最後の出品になるかもしれないと
言い聞かせている これからも多分続けるだろうと分かっているのに

病気のことをあれやこれやと利用して 諸々の区切りがついた
ただし明日のことも考えなくてはと 病気様に伺いを立てている
外は雨 明日は上がるらしい


 
posted by ゴジ・ダツジ at 16:51| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

きもちいいことリスト みなと未来で回復度を知る

横浜H.jpg
<ホテルの窓から>

リハビリを兼ねて横浜のホテルに 本当のところは孫の顔を見に
日帰りでは無理なのでロイヤルパークHに泊まる
56階の部屋 広いし窓からの夜景もいい

宿泊費グダグダ言わず結論から 52,000円のところを11,000円で
何でこんなに安いのかグダグダ省きで 一休会員の特別価格<2人で>

部屋.jpg

グダグダを言わせてもらうと チェックインの時 プラス3,200円で
観覧車が見える部屋にアップグレードできますが と聞かれる
今迄なら向こうから アップグレードさせていただきましたので 
それはどうもだったので 少しムットきて 返事を返す前に クラブフロアー
だったらいくら足せば?と尋ねる エッ!お待ち下さい・・32000です

そうですか どうしようかと振り向き家内を見る エッ!どうしたの?
お芝居は終わり やはり当初のプランでとカギを受け取る
嫌味な客を演じてしまった 変更せずには正解だった 少し変形した部屋は
新鮮だったし広かった 観覧車は端しか見えなかったが かえって良かった

posted by ゴジ・ダツジ at 18:31| 千葉 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

気もち良いことリスト あいまい力<日本人の武器>

ポニョ.jpg
<くまモンイラストが見つからず ポニョで このあいまいさがいい?>

TV番組に隈研吾の名が スイッチを入れる
対談している相手は誰だかわからない それでも話の内容に引き込まれる
どうやらその相手はくまモンの生みの親だ くまモンの人気は日本人が持つ 
なごみ でそれは日本人そのものだという

普段感じていたことが言葉になってTVから流れ出した 
まだ番組の途中なのに 書きたくてキーボードに向かっている

昨年ユタ州の砂漠で 火星への移住の可能性を探る
80日間に及ぶ擬似チャレンジが行われた 7人のメンバーに
極地建築家?の村上氏が参加した あと6人は西洋人 結果は
過去のチャレンジより 実りのあるものだった

この人だって.jpg
<この人だって認めてくれています>

メンバーは村上氏を差し 成功はお前のお陰だと称えた
西洋人の自己主張のぶつかり合いを 日本人の短所でもある
あいまいさがチームワークを守ったのだ 
これはくまモンにも通じ あいまいさが実は日本人の強みになることを
証明してくれた

まだ番組は続いている AIの話が始まった 車が衝突する瞬間
運転手を守るのか 後部座席の家族を守る判断<指令>をするのか
この領域はまだまだ遠い先の事 AIがもし人間を越すとなれば
それは あいまいさを習得した時だという

日本人のあいまいさがAIの究極の目標?なのだ 後半は番組の内容とは
やや離れたが 発達障害で授かったこのあいまいさが愛おしくなってきた

posted by ゴジ・ダツジ at 13:18| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

気もち良いことリスト 発達障害だったの証言

写真.jpg
<真ん中で落ち着かない様子の美形が私です>

今回は友人の絵をまじめに鑑賞したあと 近くの福助寿司へ繰り出す 
男2名女2名 4人とも元女元男 中学の同級生と言えば済むものを 
その時の話題に影響されたに違いない 今でも男だチクショウめ

孫の話になる 今回は孫の話を解禁にした 驚いたことに2人に
発達障害の孫がいるというのだ そのお孫さんのIQが130で開成中学に
合格したとか それでも人の気持ちが全然分からないことや 
忘れ物がひどいらしい

方や落ち着きがなく大声を出すなど典型的な症状のお孫さんは 
今年から育成クラスに編入されるなど 発達障害と言ってもその症状は
かなり違う

1958.jpg

ゴジちゃんは間違いなく発達障害だったわよね とS嬢が切り出す
中学の帰り毎日のように我が家に遊びに来ていた友人が
目の前にいるのに その一切を思い出せないのは確かにおかしい 
今でもその片鱗ありと皆が認めてくれた 

いい悪いは別として 原因が分かればすっきりするというもの
この旧友に感謝しなくては 旧友と書いたが その当時の記憶は一切ない 
それでも旧友といって良いものか 友は常に新友なのだ 
なんだか未発達のものが未だ残されていそうなそんな気がしてきた

posted by ゴジ・ダツジ at 15:28| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

気もち良いことリスト 巨人20連勝のはじまりはじまり

友人の絵.jpg
<友人O君 退職後ミラノにわたり絵の勉強 イタリアの伊達男になり帰国>

会場にG監督の奥さん<元日テレのアナ>の姿はなかったが その父上が
手を振って迎えてくれた 巨人云々は触れずにおこう 
慰めも兼ねて絵を褒める わざとらしくならないように控えめに

パパの絵.jpg
<その父上の絵>

その父上の絵より驚かされたのがその父上の母上の絵 G監督夫妻からすると
おばあさん 94歳の絵 数点出されていた 94歳と言えば私より
20歳も年上 この素晴らしさには遠慮なく褒めさせてもらった

94歳の絵.jpg
<ババの絵>

隣で聞き耳を立てていた紳士もうなずく その紳士を友人が紹介してくれた
娘さんが内田恭子さんなんですよ そうですかとあいまいな返事を返すと
あのフジTVの美人アナの内田さんですよ 旧姓木本さんの 
紳士の顔を見る 内田アナの顔がさらに遠ざかる 

だけどおかしい なんで2人も女子アナつながりが 偶然が生まれやすい
雰囲気がこの絵の会にはある 雰囲気分析家として感じるのだ 



posted by ゴジ・ダツジ at 13:32| 千葉 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

痛いのです 書かずにはいられません

痛い.jpg
 
  膝が痛くて這うようにして階段を上がってきました
  ホルモン治療でリュウマチが目を覚ましたのです
 
  手や指の腫れ痛みは薬の量を増やして大分軽くなりました
  ヤレヤレと安どしていたら 膝です 
  今までも気になってはいましたが痛くなったことは
  ありません 
  このまま歩くのがつらくなったらと不安です

  苦あれば楽ありが私の心得ですが 今まで苦なしで楽だけ
  で過ごしてきました その不届きな日々の穴埋めを
  させられるのでしょうか 

  杖を持つ楽しみはまだまだ
  取っておきたいのですが 神様如何でしょう

  これは昨日の様子です 一日経ってアレレと言うほど
  痛みが引きました 
  雨が降ってきたというのに この気まぐれに
  これからも付き合わされるのでしょうか


posted by ゴジ・ダツジ at 17:16| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

気もち良いことリスト おそるおそる窯をのぞく

窯出し.jpg

放射線治療の思いがけない遺産 出来すぎ<数で>作品が
焼き上がった 正式な窯出しは木曜日 待てずにそっと覗く 
ふたを開けると熱気が顔にかかる 火を入れてから5日目 
だいぶ温度が下がっていた
 
作品を手に取る少し温かい 今回ほど予想の出来上りと
実際の出来に差が出なかったことは珍しい  
とんでもないものが出てくる方が楽しいのだが なんだか大人っぽい
仕上がりだった
 
それにしても あの2か月の集中力は何だったのだろうか
何事にもマイナスが有れば同等のプラスが用意されていると
言うことか それしか思い当たらない

posted by ゴジ・ダツジ at 15:51| 千葉 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

気もち良いことリスト NYLONの語源

フランス生まれ.jpg
<デュポンの名 探しても無駄です 載っていません>

ナイロンの語源は? 知るわけがありません  待てよNYとLONの2大都市? 
だけどナイロンの発明はデュポン社<仏>だからな〜

デュポンは 戦時下火薬の需要で富を築き 死の商人ともいわれていました
不名誉な不評を避けるため 原爆の開発に協力した時は 開発の報酬は
1ドルでいいからと名を伏せて参加したそうです

本業では 当時日本製の絹が世界でもてはやされていました その対抗策と
して 絹にかわる繊維の開発に注力し火薬から精製することに成功しました
デュポンはすべての女性の足に絡みつく繊維を NYLONと名付けました 
その語源は 今こそ時代遅れの日本を笑え <英語訳はお任せします>
だったとか

また一説では 競争相手の推進元 日本の農林省の鼻を明かす為
農林の逆さ文字にしたとも 後付けにしても どちらも当時の状況を
反映した後付けにしても一級品のコピーですね 

*後付け スイマセン! デュポンはアメリカのメーカーでした
そうなると 2大都市くっ付け<ゴジ説>が生き残りましたね



posted by ゴジ・ダツジ at 14:09| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

気もち良いことリスト フランク三浦はおふざけ許容度の物差し

はめてみる.jpg
 ブランドをあがめる バカにする 面白がる 
 パクる あのフランクミュウラーが 
 フランク三浦に化ける

 父の日に娘より時計が届く 
 ほしいほしいと思っていた フランク三浦
 なぜ好みが分かったのか 

 2016年 フランクミュラーの肖像権侵害の
 訴えを退ける 
 勝訴の理由は100万もするモノと
 5,6千円のモノは誰でも区別できるし
 文字盤にフランク三浦と書かれているジャンで

 フランク三浦をこよなく愛するという芸能人が
 いただけない 
 みのモンとおぐらアナなのだ
 この際目をつぶることにして 



でかい.jpg
<禁断の巨大化モデル 完全非防水型 デカい!>

取説を読む 実に面白いこのおふざけぶりは 言っちゃなんだけど 
ゴジブログそのもの

その抜粋転記 
<外装> 多少の傷 文字盤のホコリ 異物 指紋 たまのちじれ毛混入は
     すべて許容範囲です 特に裏蓋のきずは当たり前のようについて
     いますが 返品対象ではありません 

<防水> ダイビングや水泳などに使用されるのは勝手ですが 本品は
     完璧な非防水です

<落下> 2CMまでが保証限度で ドアや壁など接触して故障しても
     自己責任です

<炎症> かぶれや湿疹が出た場合は直ちに時計を外してください 
     その場合の時刻確認は携帯電話か駅の時計などをご利用ください

<保証> 90日と大目に取っております

この時計の最高傑作はこの取説だと思う物足りない部分は少し付け足しました

posted by ゴジ・ダツジ at 14:30| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

連敗に次ぐ連敗その監督の父上をどう慰めるか 

お叱り.jpg
<お叱りを受ける 口は禍の元だぞ>

連敗に次ぐ連敗 泥沼のチームの監督の父上に来週会います 
会いたくありません 何と声を掛けたらいいか いい加減にして下さいよ
とも言いたいし ご愁傷様では息が上がらない その内その内しか
思い当たりません

この父上 私の小学校時代の友人の友人です その友人と友人が銀座で
今年も絵の展示会を開きます 
私がジャイアンツファンなのでそのつながりで 私がこの父上のファンなら
おかしくないのですが 実はこの父上が私のファンなのです

私のブログの?いいえ違います 絵の?いいえ違いますファンなど居りません
思い当たるのは この展示会で誰それの作品とは知らず <実はこの父上の>
激賞したことがあるのです 確かにお上手です ですがその時の私は
どこかが狂っていました 褒めて褒めて褒めまくってしまったのです

その褒め褒めビームをこの父上はまた浴びたいのです 分かります
落ち込んでいるでしょうから ですが今の私は狂っていません
だから会いたくないのです 連敗も有りますけど

posted by ゴジ・ダツジ at 08:42| 千葉 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

聞き込みってこんなもの?

人相書き.jpg
<不審者リスト>

朝の5時半ごろ 家のわきの道に 見慣れない男が歩いている
若くて長身 服装は紺の作業着 当たりを伺うそぶり 目で追ったが
路地を曲がり見えなくなってしまった

雨戸をあける 目の前にその不審者が 息をのむ あの〜と言いながら
その男 警察手帳を掲げる 何か? お尋ねしたいことがあります
宜しいでしょうか? ハイ! 昨夕車上荒らしがこの近くでおきまして

不審者.jpg

昨日今日不審者を見かけませんでしたか? 30分ほど前にあたりを伺う
長身の男性を見かけましたが? それは私ですよ! このカウンターパンチに
苦笑いはしたものの 軽くいなす術を心得たお巡りさんだった

なんで作業着なんですか? このパンチには 一瞬たじろぐ
当直で着替える間もなく駆り出されたもんですから どうやら作業着で
このお巡りさん寝ていたらしい 
昨夜2人で騒ぐ若者を見かけませんでしたか? ハイ! どうやら目星は
ついているらしい 6時前に聞き込みができるなんてかなり歳を召された人が
住んでいる家に違いない 自分で言うのもなんだけど 
だけど本物の警察手帳だったか疑わしい

 

posted by ゴジ・ダツジ at 18:11| 千葉 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

気もち良いことリスト オアシスが身近に T−SITE

オアシス.jpg
<外が見える席から>

現在リハビリ中です 先生に自転車に長く乗らないこと を守っています
電車かバスで出かけ少しだけ歩きます 少しずつ長く歩ければいいと
目標などは決めていません 今のところすぐ疲れてしまうので歩くといっても
高が知れています

そんな中いいところを見つけました オアシスです 
キレイです おしゃれです 本がいっぱいあってそれも読み放題です
お茶が飲め美味しいパンが食べられます そこそこの値段です 

案内.jpg
<自動車はいたずら書きです>

私の書斎?は 大きなテーブルと椅子が本棚に囲まれいるコーナーです
外が見渡せる席は何時も満席ですが ここは何時も空いています
好都合です 外より本 本とパン コーヒーと本 本とくつろぎ 
いまオアシス帰りです


posted by ゴジ・ダツジ at 16:23| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

気持ち悪いことリスト ロンドンがまた狙われた

ロンドン.jpg

旅先で見かけた警備の様子
<ロンドン> ロンドンの赤いバス 
お上りさんは2階席が決まり 目の前に監視カメラのモニターが 4分割された映像に
バスに乗り込み 階段を上がり 席につくまでが映し出されている
ユーロスターもロンドンアイも乗り込むときかなり厳しく荷物を調べられる

ロンドンアイ.jpg

<ソール> 地下鉄
通路のガラスケースにガスマスクが収納されている

<上海> 地下鉄・新幹線
入り口で荷物検査を受ける <飛行場で受ける検査と同じ>

ポリス.jpg

<パリ・NY・ロンドン>
駅や繁華街には自動小銃を構えた警官の姿がある

<東京>
荷物検査は羽田だけ 新幹線荷物検査なし お互いを監視する
カメラとモニターの設置はない ミサイルが飛んでくる備えなど無し
かなり緩い警備それでもテロは起きない 欧米に比べ夢のような都市
 
ゆるゆるのままでも<表面的には>守れるのか 守れる! 
あれほど厳しい警備体制でもテロを防げないのだ なぜ東京は守れるのか
守れる! 理由は? テロが起きない大都市があったっていいじゃないの
お願いです







posted by ゴジ・ダツジ at 16:12| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする