2017年04月29日

がん研の待合室 500mの水はどこへ?

間違い.jpg
<分からないではなく間違い ロンドン>

良い質問ですね! この愛想のいい放射線技師は年寄の扱いを心得ている
500mの水を飲まされて30分後に放射線を照射される 
膀胱におしっこがたまった状態が必要らしい
 
そこで この水30分後に膀胱に到達するんですかと聞いてみた
この若い技士の答え 実は分からないんです 証明されていません
多分ですが 既に体内にある水分が押されてだと思います

この部屋のメンバーで試したことがあるんですよ 色付きの水で
何分後に出てくるかと 何時まで経っても色付きの水は出てきませんでした
多分 体内の水で薄められ 腎臓で濾過されたんでしょうね

さすが がん研 研究所と言うだけあって 先生の説明も分かっていないことは
多分が付く なんだか信頼できる 私の分からないんですがとはだいぶ違う

posted by ゴジ・ダツジ at 14:47| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする