2016年11月30日

11月のNY その11 携帯を見かけぬ理由?

携帯B.jpg携帯A.jpg

11月11日羽田
搭乗案内を待つ間 これから始まる旅のあれこれに 想いを
募らせている至福の時 周りを見渡すとほとんどの人が 携帯と
にらめっこ 人は人と無視するけどなんだか勿体ない

NYの携帯事情
地下鉄の中 バスの中 列車の中 誰一人として携帯を
手にしていない 電車の中では通じないのかもしれない
多分そうだ 

それでは街中は やはり見かけない もしかすると携帯の普及が
遅れてる? そんなはずがない この疑問はすぐ解けた 
街の人に道を尋ねたとき ポケットから携帯を取り出して
地図情報で教えてくれたから それも聞く人 聞く人 皆が

分らなくなってきた 携帯を外で使うとかっぱらわれてしまう?
それだけの理由? どうしてもわからない 国民性? 日本の
電車内の携帯依存風景はやはり異常かもしれない





 
posted by ゴジ・ダツジ at 14:44| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

11月のNY その10 ワンワールド 対 スカイツリー

メールが送受信不能になってしまい ご迷惑をお掛けしていると
気がかりです どうしても伝えたい伝言はこのブログで無理ですよね

ワンワールド.jpg

気を取り直して ワンワールドを目指しましょう 今日は朝から
満天の青空です それくらい晴れているという意味ですが おかしい?

会場30分前に到着 3,40人しか並んでいません 早とちりでした
列はビル内にも それでも20分程度でエレベーターに乗り込みました
料金ですか32ドルです 展望台まで381Mですから メーター当たり
10セントを切る? <スカイツリーは350M 2060円>

エレベターの壁に 過去から現代までのNYが変化しながら映し出されます
なんだなんだという間に102階へ ドアが開くと目の前の大スクリーに
ダイナミックに躍動するNYが点滅し これでどうだとばかり スクリーンが
いっきに開き それこそ満天の青空と眼下に広がる街並みが飛び込んできます

チェンバー.jpg
<最寄駅 チャンバーST>

少々演出過多ですが 展望台から眺める ハドソン川 イーストリバー
にはさまれた摩天楼は実に見事で どんな演出も吹き飛んでしまいました
川面に浮かぶ船の白い航跡を眺めながら しばらく時を過ごしました

スカイツリーに上らず ワンワールドにはいそいそ 言い訳はしません
旅がなせる何とかです 皆様にも心当たりが そういうことです




 
posted by ゴジ・ダツジ at 11:51| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

11月のNY その9 サーモンのベーグルは澄んだ味 <MURRAYS>

ちぇるしーーのベーグル.jpg
今日は早起きAM4時 時差を受け入れる
モーニング会議 今日はどこへ行こうか
特になしありでワンワールドの展望台へ
まだ外は暗い ホテルの回転ドアを押す
きっといいことに出会える予感がする
今回のハイライトになるかもしれない
おめでとう NY 元気がもらえそう

その前に腹ごしらえ
途中のグリニッチビレジのベーグル店へ
AM7時で席が埋まっている みな常連客
みな地元の人 みな若い みなベーグル

お店の人に聞くのが一番 一番は?
サーモンベーグルがおすすめですよ
一口では なんで 2口で うまいかも
魚臭さがゼロ 後味にもゼロ 澄んだ味
店を出る お客さんが並びだした
また来るかもしれない 店の名を覚える
 
地下鉄に乗る 通勤客の中に交じる 
きつい顔ばかり 背筋が伸びる
グランドゼロで降りる 
ワンワールドの先っぽが朝陽に輝いていた

 
posted by ゴジ・ダツジ at 11:54| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

11月のNY その8 ペンシルバニアの栄光と挫折?

ホテルペンシルバニア左.jpgホテルペンシルバニア右.jpg

昔 A列車に乗ってという歌がありました Aとは地下鉄の
Aラインのことです その歌詞の中にホテルペンシルバニアが登場します
過去の栄光はどこへ 立地だけが取り柄の2つ星ホテルが残りました

14Fの部屋 
部屋のドアは冷凍庫のドアのようにごっつい 思いのほかスムーズに開く 
部屋はかなり広い 部屋の明かりは大きなスタンド2つ 他になし 
その一つが消えている スイッチを入れたが点かない 家内に代わる 
点いた 癪に障るスタンドだ

家内の陣地と私の陣地を決める <収納ケースの割り振り>
私の陣地 大きなデスクを授かる その引き出しにあれこれ小道具を詰める 
釘が飛び出している 引き出しを修理した時の名残だろうか 
私の日曜大工並の粗っぽさ 右の引き出しは釘に注意 左の引き出しは
左右の壁板の高さが違う 低い方の高さに合わせ入れる なぜこんなことに

2003 ペンシルバニア.jpg
<13年前に同ホテルに泊まった時の様子 部屋が少し違う>

こうなるとアラ探しが楽しくなる 見つけた! TVの操作 ボタンを押して
一呼吸しないと作動しない おかしいと思ってまた押すと消えてしまう
これは私の勝 家内はこの一呼吸が苦手なのだ

驚いたのはお風呂 がたつくハンドルを回したらお湯が出てきた 
風呂の栓も役目をはたしている 当たり前のことが不思議な感じ
もっと嬉しかったのは ベットがちょうどいい硬さ 横幅は十分なのに
何故か縦が短い 身長を2CMぐらい縮めてくるまる なんてことはない
空調が快適な温度を保っていたのは奇跡だろうか

消灯 今度はスタンドの明かりが消えない スイッチをガチャガチャやっても
消えない 家内の出番 2.3回で消えた つべこべ言わず寝るとしよう 




posted by ゴジ・ダツジ at 18:39| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

11月のNY その7 アッポペンアンケートで旅を楽しむ

NYのアポペン.jpg

13人のアンケート取材で分かったこと アポペン人気は
かなりのものでした 
言われてみればあの歌詞は英語ですから ただしネット上で盛り上がって
いるので

高齢の方は NO! MOMAの案内係の女性<高齢・ボランティア>
に至っては 日本で有名なコメディアンなんですよの説明に対し
もしかするとこの人 貴方じゃないの?と返される始末

子供は食いついて来ました オイスターバーで出会った少年<11歳>の
リアクションは想像以上で 立ち上がり踊りだしたのです しばらく
アポペンを歌い続けていました

地下鉄で隣り合わせた黒人の親子にも聞いてみました 
父親はYESだったのに そのお子さんはNOでした
もしかすると 如何わしいもの?を見せないようにしているのか それとも
携帯を買い与えていないのか 気になる回答でした

この話しかけツールは 英語が苦手な私でも誰にでも気楽に声を掛けられる
もので パリ旅行で使用した <貴方が好きなバターはどれですか?>
より優れモノでした ゴジ旅行の必需品となりました <特許出願中です>

posted by ゴジ・ダツジ at 11:37| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

11月のNY その6 グランドセントラル駅のオイスターバー

オイスターバー.jpg

我が家にも季節外れの雪 今年のキーワードは <外れ> かも 
NYは季節外れの暖かさだった 
ホテルのチェックイン<PM3時>までどこで過ごそうか 
グランドセントラル駅まで戻る 新しく誕生したフードコートを
のぞく 活気がありすぎて落ち着かない それではどこへ

昨年パスしたオイスターバーに向かう ガラス張りのドアを押す
想像したより広い 銀座のライオンに似た作り 座席はU字型の
カウンター席とテーブル席が半々 ビジネスとエコノミー席のせめぎ合いに
似ている テーブル席が増え 品川駅に誕生したオイスターバー同様 
高級店に変わりつつある

オイスターバーで出会う.jpg

どこに座るか 迷わずカウンター席へ カウンターの中でテキパキと
接客する太っちょのお姉さんと目が合う クラムチャウダー2つ!
生ガキがこの店の看板だけど NY初日に冒険はできない
隣に座っているご婦人から声がかかる 日本の方ですか? 
家内越しでは 耳が遠くなりかけた私には内容まではわからない

仕方なくその方の似顔絵を描く 断りなしは失礼だが先方の様子
から見て喜んでくれると思う 家内を経由して その方が在NY50年で
トランプ当選を機に日本へ戻ろうと考えていることを知る

家内とその方が顔を近づけて話し込んでいる 私は右隣の白人の
少年に話しかける DO YOU KOW APPIEPEN? 
その少年 立ち上がり踊りだした
別号にて アッポペンアンケート IN・NY を特集します


 
posted by ゴジ・ダツジ at 18:40| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

11月のNY その5 国連本部入場 枯葉が鳥に化ける?



国連入場.jpg

通りをはさんだ別棟で入場券を買う 窓口でパスポートの提示を
求められる 同時に ハイ!こちらを向いて 顔写真を撮られる
入場券をもらう 顔写真入りのワッペン 胸に貼り付けろとのご指示
同伴者はオレンジのリストバンドだけでOK これで入場無料は安い!

入場口での検査 国内線並 ゲートをくぐる 川沿いの建物だから
周りが見渡せる 高いビルに囲まれていた圧迫感から解放される
急に風が吹いて 木の梢から一斉に鳥がに飛び立った その数羽が足元に
舞い降りてきた 枯葉だった 枯葉が鳥のマネをする! 国連のサービス?

国連本部にとうとう入ってしまった ベンチに一目散 旅の疲れが
のしかかる 家内も同じ 地下の売店を見て終わりにしない!
珍しく意見の一致も見る

パスポートに記念スタンプを押してもらう スケッチブックを出して
ここここにもと指をさす パスポートオンリー! だけどここの
スタンプはなぜパスポートに押せるのか 疲れでマー良いかとなる

国連本部を後にする 特に印象に残ったのは 飛び立った枯れ葉の鳥たち
見どころ盛りだくさんらしい国連本部はお薦めです 
続く


posted by ゴジ・ダツジ at 14:33| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

11月のNY その4 国連本部を見なくちゃ

国連.jpg

JFKからホテルに 11時に到着 タクシーの運転手と家内が
もめている 67ドルでしょうチップ込みで 統一料金よね
黒人の運転手 70ドルだと譲らない 私の駆けつけ援護?
この際見守るだけ 家内がしぶしぶ払う それにしても頑張った

ホテルのチェックインは15時から 荷物を預づける 1個5ドル
LCC並みのえげつないサービス とんでもないホテルを選んだ

気を取り直して <本当のところはホテルでひと眠りしたかった>
前回行きそびれた国連本部へ
地下鉄の窓口で6日間乗り放題券を買う <33ドル>
最寄駅<グラセン>から歩いて15分 少しふらつく
国連前の広場に中国人の団体が押しよせている 恐れをなしたが
今回は見逃せない 意を決して入場券を さてどこで買ったらいいの?
<続く>

posted by ゴジ・ダツジ at 12:34| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

NYの11月 その3 12時間では短すぎる

フライト.jpg

時差も溶け日常に戻る この歳になってまだ初体験があるとは
お尻に先生の指が突っ込まれる オットット! 来月検査入院の
おまけつき こうなりゃなんでも受け入れよう 
NY編トランプさんに続き またまた出鼻をくじかれた

気を取り直してANA・NH110便に乗り込む 過去と現在が
入り乱れている 先生の指の所為だ トホホ!
例によって スケッチブックを広げる お茶のサービスが始まった
客室乗務員 どうもいけない硬すぎる スチアーデスに戻す

NYガイド.jpg

私の席で立ち止まる 声がかかるのを待つ マー!素晴らしくお上手ですね
食いつくが激しすぎて返事もできない 代わりばんこで見に来ると思います
ご迷惑では無いですね うなずくだけ 私でも私の見え見えの行為が
恥ずかしくなることがある 意を決してスケッチブックを伏せた

往復で見たビデオ6本 邦画3本 後妻業・シンゴジラ・君の名は
洋画3本 ブルックリンのパン屋さん 新ゴーストバスターズ 他
所要時間計12時間 フライト時間の約半分 アッという間にJFKに
もうという間に羽田に 12時間では短すぎる?
それではJFKの入国検査に向かいましょう 続く


posted by ゴジ・ダツジ at 19:01| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

11月のNY その2 トランプショック PPAPの使いみち 

トランプ氏への抗議文.jpg

トランプさんの所為で 旅ブログもスムーズに進みません とりあえず
今回でトランプさんは終わりにします また顔を出すかもしれませんが

地下鉄の通路で人だかりが 若者が壁にポストイットを張っています
LOVE関連だろうと思っていたら トランプ氏への抗議文のようです
いつもなら後先考えず参加してしまうのですが 珍しく理性が働きました
自分の意思を出さずにはいられないのがアメリカ人です 

トランプ支持者.jpg

そこでNYの人に意見を直に聞くことにしました デリケートな問題なので
私が苦手な注意が必要です そこで飛び道具を用意しました 
APPIE−PEN! <DO YOU KOW> ピコ太郎の
似顔絵入りのアンケートです これは利きました 誰もが笑顔で
応じてくれます ほかのページも見せて頂戴! 食いつきました

パラパラめくるとトランプ氏とヒラリー氏の似顔絵ページが出てきます
一瞬顔が曇ります 反応を待ちます 出ました ああいやだ! 
ごもっともです 私NYに住んで50年なるのもういや! 潮時かもね
潮時って?・・この続きはグランドセントラルオイスターバー編で

  

posted by ゴジ・ダツジ at 18:21| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

11月のNY その1 トランプショック

トランプshock.jpg

トランプ一番乗りの安倍さんとバトンタッチして 戸惑いと落胆の
空気が漂うNYを後にしました 
無理もありません NYはヒラリー支持者が大半で
特にマンハッタン地区は支持率90%の地区です

2016・11・13 AM3時 
外が騒がしく目を覚すと 家内はベットの上に起き上がっています
何でしょう 反トランプのデモかしら? 見に行きたいわ!
珍しく私が消極的になっていました 疲れです いい訳です
歴史が変わるタイミングを目撃出来るチャンスだったのに 
悔いが残ります 

そこで翌朝トランプタワーに出かけました
侵入よけのフェンスと多くの警官に守られて近づけません
それでも 金色に輝くトランプタワーを見ることが出来ました
変わり身の早い私は仰ぎ見ていたのです

11月のNY スタートです 全40編の長丁場お許しください





posted by ゴジ・ダツジ at 15:23| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

君の名は 新海監督は千駄ヶ谷小ではありませんか 11月のNY準備編

機内ビデオ.jpg

先月 息子と孫娘が<神戸から>遊びに来て 連れだって出かけた先が
君の名はの聖地巡り 映画で見たシーンをたどる巡礼スマホ紀行
帰宅後しばらくはスマホ画面で説明を聞く 神戸に戻ったらその話が
出来ると終始上機嫌 

スマホの画面に登場する風景はすべてが懐かしい場所 
千駄ヶ谷生まれの新海監督がその生い立ちで見た景色なのだろう
もしかすると小学校 中学も私の後輩かもしれない 
孫娘にそれをどうして自慢しなかったのだろう そうだNYからの絵葉書に。。
そうしよう
 
搭乗する飛行機のビデを番組を調べたら 君の名はが入っていた 
他にはシンゴジラ 後妻業など 珍しく邦画三昧になりそうだ
NYへの旅のは君の名はの景色を楽しみつつ始めよう いやだいぶ前から
始まっていた

それでは 本篇は後日連載いたします

posted by ゴジ・ダツジ at 18:08| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

一日と悲惨な一夜 トランプ氏勝利 11月のNY準備編

使用前.jpg

アトランティスの悲劇一日と悲惨な一夜は プラントンで 
選挙は所詮どちらがましかの選択だよは たしか福沢諭吉です
大統領選の開票結果が出るたびに 日経株価は上へ下への乱高下
私の体温も乱高下 心揺さぶられる悲惨な一日でした

NYは民主党が基盤 だから市民の大半がクリントン派
黒人とヒスパニック系はクリントンで 白人は強いアメリカを
取り戻せでトランプでした

使用後.jpg

タイムズスクエアーはクリントン勝利で盛り上がろうと人で溢れて
いました トランプ氏の勝利が決まると ネオンだけが未練たっぷりで
輝いていました

クリントン勝利に沸くNYから 明るいノー天気なニュースを伝え
ようと張り切っていたのになんということでしょう すべては後の祭りです
NYから何を伝えたら パンケーキ情報に頼るしかありません

 
posted by ゴジ・ダツジ at 17:45| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

NY11月の旅 準備編 

NY.jpg

今一つ燃えてこない 旅支度が億劫なのです 
今日はスーツケースを広げました 取り合えづ手あたり次第
投げ込んでいます あるものを手にして 家内と大笑いしました 
かなり海外旅行をしましたけど 初めての掃除道具です

羽田NY往復ANAで 7日間で海外旅行保険もついてマイルも30%つく 
@81500円 すぐ飛びつきました
難点と言えばホテルで 立地だけが取り柄の2つ星のペンシルバニア 
以前利用したことがあります 
居心地が良くなるよう自分たちで掃除することを思いつきました 

その姿を想像するだけで なんだかおかしくておかしくて やはり
旅は楽しいものです 億劫だなどと勿体ない それにしても
掃除道具は見えないところに隠さないと ホテルに失礼かも
やはり日本人ですね〜


posted by ゴジ・ダツジ at 17:23| 千葉 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

大統領選 1年以上の長丁場が必要なわけ

オータムインニューヨーク.jpg

ある解説者の話を聞いて腑に落ちました 何が? 人によって
疑問に思っていることが微妙に違うので 腑に落ちるかどうかは
保証できません

選挙戦が1年以上続くのは 候補者と有権者の勉強期間で
誰が当選してもアメリカにふさわしい大統領になれるために
集中的に磨きをかけるための時間だそうで その間 中学でも高校でも
大統領選をテーマに政治の事アメリカの事を学ぶとのこと

今回の選挙戦がこの目的にふさわしい展開かどうかは 疑問です
選挙の結果が出た直後NYに入りますので まだ熱気漂う現地の様子を
レポートします 祭りの後はどんなものでしょうか

そろそろ旅支度です



posted by ゴジ・ダツジ at 11:16| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

わたしは被災地の長沼でやりたい!

アスリートファースト.jpg
<声援を背に走る選手に幸あれ>

横浜の自動車事故 小学生が死亡 連行される老人  
みじめでみじめで見るに堪えないその姿
あなたはどんな気持ちで見ましたか 

オリンピックのことで口をはさむ会長さんあなたの事ですよ
あなたも大事なハンドルを握っているんです 自分がわからずやの
老人であることどうして気が付かないのでしょう
競技団体の不機嫌そうな会長達 決まったことは変えないでほしいの一点張り
アスリートファースト! これを唱えれば皆がひれ伏すとでも 

4年間オリンピックを目指して死に物狂いで頑張ってきた選手たち
自分たちが選ばれた栄誉 自分たちに寄せられる期待
自分たちに向けられる祝福 そのすべてがアスリートファーストであって
宮殿のような施設云々は別です

ある選手の思い<あなたです>
立派な施設でやりたいのはやまやまですが 被災地の方々が喜こび
直接勇気を与えられるなら 私は長沼でやりたい 
それがオリンピックじゃありませんか 

勇気あるあなたの発言を世界中の人が待っているのです


 
  
posted by ゴジ・ダツジ at 15:29| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする