2016年08月29日

ビアンカ・カッペロと踊った日本人がいた? 大正遣欧少年使節 伊藤マンショ

ビアンカ。カッペロ.jpg

私が恋い焦がれるビアンカと踊った日本男性がいた? 冗談じゃね〜
ビアンカは400年も前のフィレンチェのフランシスコ大公のお妃
しかも絶世の美女<表現が古めかしいが仕方が無い>

大分前にブログでビアンカを取り上げたが その時は知らなかった
九州から派遣されたあの大正遣欧少年使節 
地球の裏側の極東の小国から 少年たちは4人とも名門の家柄の出身で
ポルトガル語もマナーも身に付けた小さな紳士だった そのりりしさも
あって ポルトガルをはじめローマへの道のりは好奇心に満ちた人たちで
溢れ どこでも大歓迎を受けたらしい

伊東マンショ.jpg
<ティントレットが描いたとされる 伊東マンショ>

途中立ち寄ったピサでフランシスコ大公主催の舞踏会に招かれ ビアンカの
相手をしたのが伊東マンショ16歳だった 勿論ダンスなど踊れるはずがない
彼は何度も引っかかりながらの悪びれず気品を保って踊りきり その健気さに
満場の喝さいを受けた

いたく感動した大公は 彼らの肖像画をティントレットに描かせた 
ちなみにビアンカの肖像画はティツアーノが描いたと言い伝えられている
400年も前の出来事なのに 目の前で起きているかのような臨場感がある 
すべては登場人物に魅力があるからだ 
ビアンカもこの史実を通じて少しだけ血が通いだした 待っててくれもう少しだ



posted by ゴジ・ダツジ at 18:39| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする