2016年08月10日

リオ便り その5 <楽しむを改名> 神ってる福原愛4強に もしかしてもしかする

神ってる福原愛 無傷でロンドン銅の選手を撃破 自身初の4強に 
準決勝でロンドン金の中国の選手とメダルを掛けて競う
あの泣き虫愛ちゃんが もしかするともしかする展開に

卓球女子の世界ランキング.jpg

永瀬選手が銅メダル <柔道>
例によって例のコメントがTVで流れる 
テリー伊藤氏 銅を取ったんだから胸を張って帰ってきてくださいね
金でなくては喜べない選手や柔道界に対して 金じゃなくても喜んだら
どう<銅>よ と皆が皆口をそろえる
そうなるとテリー伊藤の胸を張って発言がどうもしっくりこない
銅じゃね〜と言っているようなもの

リオメダル表 12個に.jpg

繰り返して言うが リオに出場する日本選手は皆が皆 金候補で
金を狙いにこのステージに立っているし 日本国内の選抜で
敗れた選手でさえ金が狙える実力があり その選手の悔しさも
背をって相手に立ち向かっているのだ 
だから金の夢を絶たれた選手が3位決定戦で勝つことは銅でも上等と
思う選手に比べて数段難しい ある意味金以上に取ずらい銅なのだ

だから 胸を張って発言の意味の無さ軽さが 選手にはつらいはず
柔道家の端くれとして あえて言わせてもらう 金を取れと
柔道家の端くれ表記は言葉足らずでした 端くれの端くれの端でした





posted by ゴジ・ダツジ at 10:13| 千葉 🌁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする