2016年05月29日

ポルトの香り オイルサーディンお土産でいただく

ポルトガルのお土産.jpg

旅のお土産を頂きました ポルトガルのポルトからはるばる手荷物で
運ばれて来たオイルサーディン 美味しい食べ方はこれから調べます

ポルトは大航海時代の繁栄がもたらした街で 旧市街地の建物は
300年以上前のものとのこと ポートワインの積出港で有名なこの街は
北大西洋で育った丸々したマイワシの料理でも知られていて 旅行中に
イワシを焼く煙が街中に立ち込めるイワシ祭りに出くわしたそうです 

それではポルトの香りを頂きます オブリガード ごきげんよう


posted by ゴジ・ダツジ at 17:06| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

夢の中のダブルブッキング 

夢の中.jpg

夢の途中で目覚めるそれもほぼ毎日 今日の夢は紹介するほどの
モノではないが 夢の可能性を問う内容だった

仲良しの女性2人組に夕食を誘われる ハイ!5時45分ですね 
少し早いが夢の中だこれくらいは許そう
2人に背を向け エレベーターに乗り込む 跡から乗り込んできた
女性から耳元でささやかれる 何時もならそんなはしたないことをしない
女性なので どぎまぎして いつものところで!の 誘い応じてしまう

ダブルブッキングだ! どうしようで目が覚めた 連絡をしなくては
このままでは連絡のしようがない 夢とは言えほっとけない
そこで一計を案じる 夢の中にまた舞い戻るのだ 夢の中へ戻どり 
そして目が覚めた 不覚にも別の夢の中に紛れ込んでしまった

夢とは言え申し訳なさを引きずっている 少しおかしいでしょうか 

posted by ゴジ・ダツジ at 15:37| 千葉 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

パリの四季 1280度で描く季節の色

マロニエのパリ.jpg

狙い通りの焼き色ならしてやったり とんでもない色が出でもラッキー 
どちらにしても窯から出てくるときは運任せそれがたまらない
写真の陶板は <マロニエのパリ> 春が題材 狙い通りの色が出た

雪空のパリ.jpg

これは狙い通りとはいかなかったけど それなりに面白いでき
雪のパリを作ったつもりが雪空のパリになってしまった 釉薬のかけすぎ

夏と秋はチャレンジ中 出来上がったら額に入れてパリの四季をならべる
これで終わり 
仕方が無い明日の為に自分で自分を褒めよう 何て? 懲りずにやるね〜


 
posted by ゴジ・ダツジ at 13:36| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

フランク三浦ありますか そんな高級なものは置いていません

フランク三浦.jpg

極黒インクが手に入いりました 同じ店で時計も扱っている様子です 
君子さんに尋ねました フランク三浦ありますか?
君子さんって? <青墨を君子さんから薦められる> の章でおなじみの

そんな高級なものは扱っていません フランクミュウラーと聞き違えたらしい
私とフランク三浦との出会いは 仲通りの時計店のショウウインドウです 
フランクミュウラが4800円? ウソばっかりと素通りしました

それから1年ほど経過した先月 新聞でフランク三浦勝訴の記事がでました
あいつだあいつと その曰く因縁ありの姿が浮かびました
勝訴の理由は 本物と見間違うはずなしでした <商品名も>

私が証言台に立っていたら 敗訴になっていたかもしれません

posted by ゴジ・ダツジ at 11:00| 千葉 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

私の趣味は陶遊です 陶芸などとは言えません

陶芸作品これでも.jpg

昔の仲間から電話が入った 今3人で飲んでいる 良いから来いよとの
お誘い どこ?と聞いたら すぐそこの辻堂だ 冗談じゃない我が家から
3時間はかかる 

そこで電話で世間話 3人がかわるがわる電話口に 近況を聞かれ 
土いじりと答える 陶芸と言えばいいのに 少し気恥ずかしい
相手が連想するようなものを作っていないせいもあるが 陶芸は
気恥ずかしい

どうして芸がつくのだろう 他には曲芸ぐらいしか思いつかない
そう言えば 園芸もあった 芸は人を助けるというぐらいだから
秀でた技術がなっれば 芸とは言わないか そうすると陶遊がふさわしい
これからは陶遊にする

これで気ままなものが作りやすくなった これでがなくても気ままのまま


 



posted by ゴジ・ダツジ at 17:25| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

A・I ロボット時代が始まる 気が付けば目の前に

ロボットと人間.jpg

トヨタの自動運転 A・Iを搭載した模型数台が入り乱れて走る 
当然ぶつかるし おしくらまんじゅうにもなる 
たまたま切り抜けた車の成功経験が他の模型に伝えられる その繰り返し
数時間すると成功経験がかなり蓄積されスムーズな流れになる

次はソフトバンク 孫会長がロボットの未来を語る
30年後は人口よりロボットの方が多くなるだろう その時は今より
豊かな日々が待っている そのためにソフトバンクはロボットに心を
持たせる研究を続けている
既に ロボット同士に思いやりが生まれるまでになった

有るロボットが積み木で遊んでいる 積み上がった作品をつぶせと
他のロボットに命令する いやいやして応じない それでもつぶせの
命令を繰り返す とうとう命令されたロボットは泣きじゃくる

このロボットの対応は ああすればこうするの繰り返しでマスターした
もので この程度では心を手に入れたとは言えない
心はあるときは善にあるときは悪に 又その逆も 善と悪を判断する
ものは何か この追及はロボットならぬ人間追及のような気がする 
ロボットの研究は怖いようで怖いやはり怖い だけどお世話になる日は近い 




posted by ゴジ・ダツジ at 16:27| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

A・I時代の幕開け アルファー碁が予見するもの

間違いを犯してこそ.jpg
<A・Iではまねのできないこと 心と心の交流 >

<A・I> アルファー碁が世界チャンピオンのイ・セドルを
こてんぱんに うち手が10の32乗と言われる碁の世界も
A・Iに軍配が上がった 

五局対戦して四勝一敗 A・I碁同志を対戦させ プロの碁士が毎日
対局しても8千年はかかる300万局の膨大な経験をしたアルファー碁は 
それこそ神の領域に達していた 
そのアルファー碁が一度だけ負けた 
3連敗したイ・セドルがやけくそになって常軌を逸した手を使ったとたん 
面食らったアルファー碁は暴走 自滅してしまった

はからずもA・Iへの期待と恐れを知らしめたこの一戦 
勝つためにプログラムされたアルファー碁が 対局する相手に関心を
寄せるようになるのは何時の事か
ある証券会社がA・I投資信託なるものを売りだした 
このA・I投資 損を出した時 謝ってくれるのだろうか 
それともM氏並のみじめな言い訳をするのか そうなると人間並みに怖い



posted by ゴジ・ダツジ at 17:10| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

誰だ!私に乗り移ったのは 小鳥の王国を作る

民家 試作.jpg

近江土が届きました 焼き上がると粗目の煉瓦のような肌合いになります
教室の仲間が使っているのを見てほしいほしいとおねだりしていました
随分おねだり上手になりました 遠慮がなくなっただけ? そんな感じです

明日からこの土を使って 中世の街・村を再現します 
イメージは小鳥の女王が支配する王国です
イメージがわかない? 無理はありません 出来上がったら
お見せします <スケッチ画で> それでもなんじゃいと言うものです

城試作.jpg

この歳になって細かい細工にも意欲がわくようになりました 意外です
理由はわかりません 誰かが乗り移ったような変わりようです
あの世が近いのでしょうか いやあの世がだんだん遠ざかっています
ホントです





posted by ゴジ・ダツジ at 14:08| 千葉 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

10年は持ちますか いや5年です 人間ドック無事終了

人間ドックのイメージ.jpg

先生10年の保証書戴けますか エッ 毎年受ければ5年は持ちますよ
問診の先生 謙虚な方だいや正直な方でした 私なら10年と言ってしまう

ざっと見まわして50歳前後と意外と若い方が多かった
8年前に受けた時より機械も新しくなっていたし 受診システムも
PC化されて 待ち時間が少なく無駄がなかった

お腹の周りにクリームを塗ってぐりぐり探る内臓検診 息を吸ってと
吐いたりと楽にしての3つの声掛けだけなのに 殆ど聞き取れず
多分 多分で吸ったり吐いたり 迷惑だったと思う

無事終了.jpg

次は例のバリュームをぐっと飲む胃の検査 担当の方の声がやけに大きい 
それも耳元で思わずのけぞるくらい
どうやらぐりぐりさんから連絡が入ったのだ これぞ情報化社会

これで人間ドック無事終了 身も心も軽くなった バリュウムの分は除いて
終わることが目的なので 後日送られてくる結果はオマケです




posted by ゴジ・ダツジ at 18:29| 千葉 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

巣立つまで待つことにした 酸素自給自足の庭

にわのイメージ.jpg
<我が家の庭のかけ離れたイメージです>

我が家は酸素の自給自足を目指しております 狭ーい狭ーい庭は
木々が育ち森とも林ともつかない状態です 私は気にいっていますが
家内は承知しません 切り詰めをなんだかんだと逃げ回っているうちに 
枝が隣へ伸びだしました

そこで大剪定を決意しました 脚立に乗って大きな枝を払うと じっと
こちらを伺うつぶらな瞳に気づきました ドバトです 巣がありました
卵が2個  母鳩でしょう こちらを見つめたまま 動きません
とっさに ゴメンね! と言って巣が見えないように枝を戻しました

猫が心配.jpg
<猫が見つけなければいいのですが>

ドバトのひなが巣立つまで見届けることにしました
お隣さんへは事情を話し 枝切りを待ってもらうことにしました

せま〜い我が家の庭でも酸素はたっぷり その上 毛虫も放し飼いです
そのあたりが気に入ってくれたのでしょう 調べましたら ドバトも
キジバトも巣を払うことは法律で禁じられているとか 
誰かの言い分になぞらえると・・・ 
YMASUZOE?の記述は不適切でした 削除いたしました


posted by ゴジ・ダツジ at 15:47| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

明日は7,8年ぶりの人間ドック 十年保証をもらえるでしょうか

ロイヤルパークホテル.jpg

そう言えば なんで人間ドックと言うのだろう 人間以外で受けるモノ
があるとすれば船かもしれない 船もバリュームを飲まされて。。
これを受ければ 次はもういいやと言える年齢になる だから仕納め 
そう言い聞かせいる それにしてもいやだああいやだ

退職の時 泊まり込みでやったことがある 場所は港みらいの
ロイヤルパークホテル 検査を終え横浜へ繰り出すつもりだったが
へとへとになってしまい 中華街で食事しただけ
ようするに人間ドックは体に悪いのだ

それでも今回受けることにしたのは あと十年は生かしてもらおうと
思ったから あと十年は保証しますって言ってほしい お願いします


posted by ゴジ・ダツジ at 16:43| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

チャリティーバザー用の作品を決めました 

ミニハウスの型.jpg

一体何だと思いますか? 
ヨーロッパの道筋に建つ中世の建物を作る型です これを粘土板に押し付けて
ミニハウスを作ります 大量生産を助ける道具です まだ試していません
目標は50で一つ100円で売るつもりです
もっと高く売れとの声もありますが 誰が何と言おうと値上げはいたしません

ミニハウスのイメージ.jpg

イメージはこんなものです 陶芸用の絵具は使いませんので 
化粧土で色付けする予定です 土の色を生かした素朴なものに
なるでしょう 
根気が持つか今から心配です 誰か褒めてくれる人がいれば
良いのですが それにかかっています 子供と同じです

posted by ゴジ・ダツジ at 17:57| 千葉 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

パンケーキ食べ比べ NYコミィニティ・フード・アンド・ジュース:恵比寿PAPASカフェ

コミィニティ。フード・アンド・ジュース.jpg
<NY人気の店でパンケーキを頂く>

パンケーキの味を左右するもの それはバックグランド 
パンケーキを食べることは よろこびの儀式なのでお膳立てがいる

NYのコミィニティ・フード・・ 店名が長いので省略 は
NYで人気度ベストスリーに入るコロンビア大の学生がひいきにする店
皆が皆パンケーキに目を輝かしている 甘い連帯感が充満する店

パンケーキを頂く.jpg
<PAPASCAFEのパンケーキ>

かたや恵比寿ガーデンプレースのPAPASCAFFは 恵比寿独特の
オシャレ感にあふれる店 極めつけは 臨月を迎えた娘の大きなお腹と
ふっくら盛り上がるパンケーキを見比べながら食べられたこと

これじゃ勝負にならない それを差し引ても 恵比寿のパンケーキは
おいしかった それでも旅先のごちそうは旅の味 比較する方が悪い






posted by ゴジ・ダツジ at 20:23| 千葉 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

ファラオの呪いと東京五輪の呪い 生き残れる者はいるのか

ファラオの呪い.jpg

ファラオの呪いのおさらい 1922年 20世紀最高の発見と言われる
ツターンカメンの墓をハワードカーター氏が見つける
その華々しい成果と引き換えに 発掘関係者の謎の怪死事件が続発する

ことの始まり発見直後 カター氏が飼っていたカナリアがコブラに食べられた
ことが不吉な前兆で この調査隊のスポンサーであった カーナヴォン卿が
原因不明の高熱で死亡 1930年までに発掘にかかわった22名が死亡
生き残ったのはわずか1名だった

五輪の呪い 2020年 東京
華々しく招致に成功した猪瀬氏が 5千万入りのボストンバックでつぶされ
生ガキ競技場が没になり 設計者のザハ・ハディドも突然の死去
パクリ疑惑で佐野エンブレムもすったもんだのあげく消え
猪瀬氏を引き継いだ舛添氏も風前の灯火 

生き残れるのは誰か 私には分っている これから血祭にあげられる人を
私が2020年まで生きると言うことは 誰が何と言おうと決まっている
 


posted by ゴジ・ダツジ at 16:46| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

職業別顔企画 政治家は特別? 都知事が身を持って証明

口直しに.jpg
<口直しに LIFE紙のスマイル写真より>

気にいらないことをしたから嫌いになった 嫌いな人が気にいらない事をした
今回の都知事もめごと 私の場合は後者 
何が気に入らないかと言うと 背広のボタンを掛けずに公の場所に現れる事 
さんざん注意したのに聞き入れてくれない 都度TVに向かって声を上げた 
都度家内に TVに向かってはげんきがいいのね〜と声を上げられた 
知事足るものTVの向こうの声も聞き洩らしてはいけないのだ

職業別に顔写真を集めその写真を合成すると 職業の差はほとんどなく
皆平均顔になるが 政治家だけはザ・政治家顔のままだとか
なぜだろうか 私の推測 例えばお巡りさんが悪いことをしたとき
大部分のお巡りさんは良い人なのにと同情されるが 政治家の場合は
良い政治家も探せばいるのにとなる この差が顔に出るという訳

この職業別顔企画 アイデアは譲るから TVでとりあげてくれないかな〜 



posted by ゴジ・ダツジ at 18:10| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

日曜画家? ゆたかな人生を描く ロンドン・リッチモンド

日曜画家.jpg

貴方は日曜画家ですか 通じない どうやら日曜画家と言う表現がないらしい
第一 ここで絵を描いている人は定年後をエンジョイしている人たちなのだ

驚いたことに 画家を目指して頑張っているんだよ と言われ絵を見せて貰う
確かに上手だ プロとして通じるかどうかは分からないが 志そのものも
楽しんでいる様子

日曜画家2.jpg

ここリッチモンドはロンドンのウォータールーから急行で20分 
まさしくテームズ川沿いの高級住宅地 この人もあちらで描いている人も 
目の前の風景を描いているのだけど なんだかこれからの優雅な人生を
描いているように思えてきた
描きためた絵を全部見終えるまで 肩にかけられた手を放してくれなかった




posted by ゴジ・ダツジ at 17:45| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

松井選手が実践するサインの温かい持続力

宮里藍のサイン.jpg

1955年 日本青年館
見上げると2階席に白井義男プロとカーン博士が座っている
階段を駆け上がる 世界チャンピオンの白井選手が私に気づく 
ペンを差し出す サインください
手が震えていた 11歳では無理もない 家の人にも友達にも自慢した 
いつしかそのサインは見なくてもマネて書けるようになっていた

2003年 日本女子オープン 
アマティア最後の試合 宮里選手はゴルフバックに寄りかかり
予選通過が難しくなっていたが ただ結果が出るのを待っていた 
サイン帳を差し出す 
宙をさ迷っていた視線が あの沖縄の海のような輝きを一瞬で取り戻し
我に返ったようにペンを走らす 既にプロの自覚が彼女には芽生えていた

予選通ると良いですね! ハイ!ありがとうございます
サインはする人にもしてもらう人にもジーンと温かい後味を残すもの 

posted by ゴジ・ダツジ at 17:16| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

投稿サイトで見つけた似た者同士 連休の締めくくりはトイレ直し

ボールタップ.jpg
<難しそう やれやれ>

ゴールデンウイーク 今年は色々あって忙しく過ごしました 
あれとあれとと数えてみますが現役のころなら忙しいとは思わない
程度です 

今日はGWの締めくくりでトイレ直しです インターネットで購入した
ボールタップキットが昨日届きました 作業の下調べをしたところ
新たな破損個所が見つかり 直し方をインターネットの投稿サイドで
調べました <ボールタップキット代は3,190円>

似た者同士.jpg
<似た者同士 モンマルトルの壁抜け男>

その投稿サイトの書き出しが 取り換え作業中にオバーフロー菅を折って
しまい 自分のオチョコチョイさ加減呆れています その箇所の直し方も
念のため紹介しますが参考にされる方はいませんよね? でした

私も家内には内緒ですが折りました 似たような人がいるもんだと投稿画面に
ハイタッチです その方のご指示?に従い ホームセンターへ買い出しです 
部品代はしめて330円でした
業者に頼むと15000円はかかるとその方は申しております

浮かした分の使いみちを考えながら作業にかかります 自信はありません



posted by ゴジ・ダツジ at 06:16| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

ふと浮かぶは特技なんだけど 思考とは言えませんね

ジクソウパズル.jpg
<ぱりオペラ座のジクソウパズル 難しい10分かかる>

窯から出てきた陶板は粉々に割れていました よくあることです
見たくもありません ゴミ箱へ直行です そこへ捨ててはいけませんよ!
と声がかかり拾い集めました

その時ジクソウパズルが頭に浮かびました 自慢じゃないけど<自慢です>
このフト浮かぶが得意技なのです 
割れ目<断面>にもルリ色の釉を描け直しそれらしきモノができました

組み立ててみました 10分はかかりました それをバラバラにして
再度挑戦です 8分かかりました プリンターでコピーするため
ガラスの上に並べ直しています 裏返すとさっぱりわかりません
諦めて 途中でコピーしました こんな時ふと浮かぶの特技は生きません
思考回路が全然別でしょうか 
ふと思いつきました 夏の陶芸展に出しちゃいます





posted by ゴジ・ダツジ at 11:18| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

<極黒インク> 堀内誠一さんのカジノ・モンテカルロメインホールの絵で確かめる

極ぅロ試す.jpg

インクの滲み具合を確かめるため 先生のお許しを頂き 課題の天狗の面
をそそくさと切り上げ カジノに出没する天狗の絵に切り替える
下書きを極黒インクで仕上げ 色を塗る

天狗.jpg 
結果 殆ど滲まないが 絵の具にインクの黒が少し交じる これが程よくいい
絵によっては雰囲気が出る
F6の見開き全面に描いて カートリッジのインクの半分を使う

インクの話はこれでおしまい
大好きなカジノの絵は これまた大好きな堀内誠一さんの
カジノ・モンテカルロのメインホールの
イラストを使わせてもらう
 
故人の堀内さんにご意見を伺うと どうぞお好きにとのこと
今後ともよろしくと礼を言う 故人の方が言いやすい?




posted by ゴジ・ダツジ at 17:51| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする