2016年03月11日

ヨーロッパアルプス氷河スキー その14 アルピグレンテンへ直滑降?

アルピグレンテン.jpg

スキー板がアルプスの雪に戸惑っています 思いのほか重いのです
これからアルピグレンテン目指し10KMのダウンヒルです ハイシーズンなら
その倍の距離が滑れます それなのに私のスキー板はスピッツみたいな
小回り好きで大回りは苦手です 日本のゲレンデならカッコよく見える
ウーデルンも ここではこちょこちょ滑っているのは日本人?の扱いです

ダウンヒルの途中 リフトのかかるゲレンデに出ました こちらの
リフトはあの乗りずらいTバー型が主流です 上りだけでは無く
途中下りが入ります スキー板が先に行きたくてリフトを置き去りに
しそうです

アルピグレンテン目指し.jpg

特に相方が怖い顔をした外人だと口も聞きません
終点まで喧嘩中の夫婦のようにお互いそっぽを向いたままです
山頂に着きその相方が先に滑り出しました つい目が追ってしまいます
な〜んだあの程度 別に恨みがあるわけでもないのに 八つ当たりです
自分の隠れた性分を引き出してくれる いやらしいTバーリフトでした


posted by ゴジ・ダツジ at 10:12| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする