2016年01月25日

隈研吾をみる 神楽坂 LA・KAGUと赤城神社 そして新国立競技場

la kagu.jpg

がんばりすぎのシャンソンが流れる神楽坂の商店街 今夜に限っては
シャンソンも耳障りでは無い 空気中に氷を溶かしたような夜風が
冬のパリそのものだから

新国立競技場の設計者 隈研吾氏の作品が神楽坂には2つある 
サザビーと新潮社がタイアップして作り上げた <LA・KAGU> 
昭和40年代の本の倉庫を改造して 大きく広い木のアプローチで
誘い込む特別な空間 本好きにはたまらない
オシャレなものとの出会いは新しい発見がある 開放的なレストランもある

もう一つは赤城神社 
陽が落ちた後の参拝 鳥居越しに見える社殿は高さを抑えて広い間口で
透明感のある作り 境内から見える新宿の夜景は 思わず手を合わせて
しまうほど凄みがあった 隈さんの設計と記録的な寒波が今夜限りの
特別な厳かさを演出してくれた

寒さに我慢できず 立ち食いソバやさんに飛び込む 
熱いだけが取り柄のそばだったが なんだか身も心も温かくなった
これで新国立競技場の姿がおぼろげながら見えてきた 
私にとっても競技者にとっても大いなる神殿が誕生する 神宮の森の
シンボルにふさわしく 競技場がまるで地面から生まれ出たような姿で 
アナタにも見えていますか 見えないそれなら 神楽坂に行くことです





posted by ゴジ・ダツジ at 10:27| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

旅とスケッチブック その4 人がいない風景なんて

スケッチブック.jpgスケッチブックの絵 コヒータイム.jpg
<娘からもらったスケッチブック>

人から貰ったスケッチブックはどれもそれなりのもの 
自分で買ってくるものは安物 これだけ楽しめるのにけち臭い 
解決策は これからは貰うよう努力します 

地図が読めない女 何々ができない男 とかいう本があったでしょ
 
バスティーユの路地に迷いこんだとき ここは一体どこ?<私> 
もう少し先の右側に**があるから<家内> 
迷い込んだとばかり思ったのに<私> ほらあった!<家内>
目指すPAUSE・CAFEが目の前に 得意げな家内 幸せな私
 
スケッチブック アクシス.jpgスケッチブック 旅先にて.jpg
<アクシスのセールで買う>

旅先の絵は人を添えないと様にならない 旅行先は大自然より都会の方がいい 
だからと言って人間好きかと言うと少し違う 旅行先で出会う人はみな面白い 
私だっておかしな人間がいるもんだとサービスしていたと思うけど 
これはお互い様 どうやら人と交わっていることが好きなんだと思う 

 
posted by ゴジ・ダツジ at 18:55| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

旅とスケッチブック その3

スケッチブックE.jpgスケッチブック ピカソ.jpg
<ローテンブルグのスパーで買った>

ルノアールの裸婦の絵の前にたたずむご婦人に 学芸員が声を掛ける 
この絵をたびたび見に来られているようですが この絵好きですか? 
はい!この絵を見ていると 私でも大して太っていないように思えるんです

家内のポーズも思わせぶりだ

スケッチブック11.jpgスケッチブック11の絵.jpg
<知人のカナダ土産>

ミラノと来ればドーモ ミラノと来ればガレリアの牛のまじない
珍しくマジメに取り組む ドーモは上るだけでは申し訳ないと
屋根にもよじ登る 牛のまじない 回転しすぎて尻もちをつく

スケッチブックB.jpgスケッチブック トスカーナ.jpg
<どこで買ったか思いだせない>

赤いセーターの女の子はカロライン10歳 声を掛けて塗り絵を2人で
楽しんだ 彼女の昼食はリンゴ1個 両親は大柄なドイツ人
彼女のつぶらな瞳と車窓のトスカーナの丘の緑が 旅に浮かれている
自分を引き戻す お前は何を見に来たのかと


posted by ゴジ・ダツジ at 15:22| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

旅とスケッチブック その2

スケッチブックJ.jpgスケッチブックJの絵.jpg

生涯の傑作が 100円ショップで買ったスケッチブックの中に
帰路の飛行機で 描き足そうとした時はすでにばらばらになりかけていた
自他共に許す生涯の傑作とは 
フランス人が選ぶフランス一のバターは? ご存知バター選手権のこと 
それにしても100円とはみみっちい

スケッチブック10.jpgスケッチブック10の絵.jpg

横浜の大桟橋 船出の汽笛で涙が止まらなくなった 初めての船旅
いい加減で陽気な船コスタ号はイタリアそのもの 
マジメな日本人乗客も一週間の船旅で 少しは日本人離れができた
どこの誰でも同じテーブルにつけば即お友達
自分がいかに船旅向きの人間か いやと言うほど思い知らされた

スケッチブック12.jpgスケッチブック12の絵.jpg

50%オフで買ったスケッチブック<175円> そんなもので
いい絵が描けるはずがない 確かにそれは言える
175円でも 良い場所に行けないことはない
ウイーンは 甘いケーキが溢れていたし音楽もあふれていた
ブリューゲルもフェルメールも出迎えてくれた 実に良い場所だった

  

posted by ゴジ・ダツジ at 11:51| 千葉 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

旅とスケッチブック その1 関口知宏さんも使っている青いスケッチブック

スケッチブックA.jpgスケッチブックAの絵.jpg
<世界堂で買ったスケッチブック NY編>

<関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅> 彼がとりだしたのが
青色のスケッチブック 同じものを使っていやがる!と声を上げる 
ホントだわ だけどどこでも見かけるものじゃないの! 
いつも家内は冷静 実に頼りがいがある

スケッチブックD.jpgスケッチブックDの絵.jpg
NYU<ニューヨーク市立大>のブックストアーで買う

NYUの店内はまぶしい 目を引くものだらけなのだ
鉛筆や消しゴム Tシャツにカバン それにノート あれもこれもと 
家内が先に燃えだした 

このスケッチブックが一番のお気に入り つくりも良いし枚数も多い 
パリ NY ロンドン ブリュジュ など旅の思い出が
どっさり詰まっている 

スケッチブックF.jpgスケッチブックFの絵.jpg
陶芸教室のおばさんからのプレゼント ユザワやで同じものを見つけた
 
上海の街の魅力は 新旧の交差とその急激な変わりよう 
もう一度行ってみたい 少しスローダウンしているかもしれない 

旅先で絵を描くと 目の前の景色が呼びかけてくる 
バターやチョコレートも それでは こんなもんでいかがでしょう
もっと美味しそうにに描けないの 旅先でもおしゃべり相手に
こと欠かない 



posted by ゴジ・ダツジ at 14:32| 千葉 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

フィガロはなぜ私にたどり着いた?

フィガロジャポン.jpg

クロマニオン人と 脳みその大きさが同じだったネアンデルタール人は
なぜ姿を消したのか その理由 ネアンデルタール人は
おしゃべりが得意ではなかった 
<誰かさん同じで オ!とかウ!だけでした> 
あなたは知っていたのに 初めて聞く様に耳を傾けてくれましたね
おしゃべりは耳を傾ける人が大好きなんです

最新パリ特集/フィガロ
PR写真集に 私のブログスケッチが載っていました 
ブログのアクセツ先を探っているとき見つけました
私のスケッチが載ってもそれほど驚きではありませんが
理由が知りたのです <ウソをつきました驚いています>

フィガロがなぜ私のblogにたどり着き なぜ拾い上げたのでしょう
家内にどうしてだと思うと尋ねました 得意満面だったと思います 

家内の答え アナタみたいに おおパリ おおパリよと言い続けりゃ
誰かの目に留まりますよ それだけの話とピシャリ 
耳を傾けてくれる人はいないのでしょうか

 

 
posted by ゴジ・ダツジ at 11:42| 千葉 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

波乱の幕開け それでも23,000円目指すぞ〜

ロマネスコ.jpg株価23000円.jpg

大発足で大幅にさげ その後5日間連続の下げ 昨年の上昇分を
たった5日間で帳消しにしてしまった 
世の中が騒がしいといってもあまりの過剰反応 
日本市場が一番ビビった サムライジャパ〜ンがはずかしい 

それでも年央23,000円を私は達成する 私?そう私は 
初詣のおみくじ <大吉> 賭け事 動かぬこと利あり
これにはビビった 動かぬとイライラする病を患っているのだ

お絵かき教室の描初め 
ロマネスコを描いた ロマネスコって?奇妙な形のブロッコリーです 
お絵かき仲間も課題のロマネスコとトマトで悪戦苦闘 
悪戦苦闘の産物を並べ 先生の講評タイム 
いつもなら褒めて褒めて褒めちぎってくれるのに 今回は私のところで
ぴったっと言葉が出ない それほどの出来? 早とちりだった

何をどう描いても許してもらえるこの教室 先生の人間幅が広いのだ
次回はもう少しマジメに取り組んで恩に報いよう 報いる報いる

それでは先生今年一年よろしくお願い致します 皆様も




posted by ゴジ・ダツジ at 11:20| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする