2017年09月22日

旅をしたくなる言葉 その58 インスタグラムって

カード.jpg
トランプ.jpgエース.jpg













インスタグラム! やっていません 他にやることがあるからです
ウソをつきました スマートホンを持っていません
20代の女性の半分がはまっていると聞いて 何で?と興味がわきました
この旅ブログに活を入れてくれるものがあるかもしれません

今日の言葉 インスタグラムより
旅先には写真映えのする所が沢山あります 人に見つけられる前に
自分らしい写真を撮りましょう 自分らしい写真を撮るこつは 
嗅覚を磨くことです それでは繰り出しましょう どこへでも


大きい部屋.jpg
スロット.jpgネオン.jpg






















インスタグラム調の編集です

私のブログは<旅スタグラム>です そんな言葉ありましたっけ?
今作りました 出来たてです インスタグラムは文字を嫌います
写真にものを言わせようと四苦八苦の72の144です 特に意味は
ありません 無視してください 
それでは144で旅スタグラムを楽しみましょう







posted by ゴジ・ダツジ at 18:27| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

東京オリンピックがゴール <ホルモン治療の期間> 長いな〜

小屋.jpg

どこも悪くないのですが やる気が出なくて ここ数日サボです
投稿してないのに昨日はどうしたわけでしょうか アクセツ数が倍増です
そこでいそいそと投稿です 

前立腺がんの放射線治療を終え 現在ホルモン治療を受けていいます
知らない人にはなじみのない治療ですよね 何はともあれ
東京オリンピックまで続けましょうと言われています

柱.jpg

このホルモン治療 少々厄介なことが起きます
1−ホットフラッシュ<女性の更年期症状と同じ>が一日数回
2−男性ホルモンを止めていますので 午後になるとお手上げです
3−骨の形成を阻害しますので 骨粗鬆症になりやすい状態です

小屋2.jpg

リュウマチ治療との関係では
両先生の見解は分かれていますが お互いの治療がぶつかり合い
特にリュウマチの再発が起こりそうです

おかしなもので 前立腺はまさしく男の病気です リュウマチは
女性に多い病気です だからややっこかしいようで 両者が
仲良しとはいかないのです 

長い長い.jpg

1ー食欲はあります メタボ注意報が出ています 
2−トイレの回数が多く <3〜4回> 熟睡は夢です
3−軽い運動はしていますが 翌日こたえます  
4−なるべくおいしいものを食べています 
5−陶芸は楽しんでいます これがなかったらどうなっていたでしょう
6−海外旅行はあきらめていませんが 今のところ無理かもしれません

そこで申し訳ありませんが 行ったつもりの <旅をしたくなる言葉>
シリーズは続けさせてください 面白くない! ですがそれなりの配慮を
*掲載の写真 使ったものが混じっているかもしれません スイマセン



posted by ゴジ・ダツジ at 15:29| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

旅をしたくなる言葉 その57 太極拳に誘われる

太極拳.jpg

中山公園に散歩に出かける ラジカセの音が聞こえてきました 
つられて公園に入ると 朝なのに大勢の人が運動をしています 太極拳?
手招きする人がいます

今日のお言葉は 上海中山公園で太極拳に興じるおばちゃんです
あんたたち日本から来たんだろ ぽかんと見てないでやってみな 気分が
良くなるよ 空気が汚い? 深呼吸しなけりゃいいんだよ!


上海の街.jpg
<ホテルの窓から スモッグで街がかすんで見える さすが中国>

中国語がチンプンカンプンでも何を言っているか分かります おばちゃんの
仕草で 朝の運動は気持ちいいものです こんなもん? そうそう案外
うまいね! 次はこう出来るかい? そこの旦那突っ立っていないで 
やったら!

その調子.jpg

ハイ!ハイ!でやってみる 自慢じゃないが腰の構えが素人離れしている
どうだと見せつけるが 反応なし 少し汗ばんできた
ホテルの朝食が目に浮かぶ 昨日は初日なので控えめにしたが
今日は昼の分まで食べてみよう 太極拳はやはり健康に良さそう


posted by ゴジ・ダツジ at 11:34| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

気持ちいことリスト ひよっこ 誰だ?

バス.jpg

今日のひっこは お店のテーブルで秀俊とみね子がなかむつまじく宿題を
やっている そこへ来客が 約束していた電気屋さんだと思いドアを
開けると そこに立っていたのは みね子驚きのあまり目を白黒! 
一体誰だ? で明日へとなった 

誰だったかを推理しましょう
1−ドアをノックした時お店の名を名乗らなかった 声でも分かってしまう
2−ドラマ終盤になっても 出てこない出演者は
3−皆が皆 収まるところへ収まったのに どうしているんだろう彼は 

車掌さん.jpg
結論 車掌の次郎です 車掌不要で切られた
彼は ひそかに上京電気店に

この花丸推理を陶芸の仲間に披露したら 
ン〜!エッ!でいまいち乗ってこない

その上 1週間分のあらすじなら調べられる
からとスマホをいじりだした

バカバカバカと慌てて押しとどめる 
あらすじが事前にそんな馬鹿な 
信じられないホントにバカだ


posted by ゴジ・ダツジ at 16:39| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

旅をしたくなる言葉 その56 旅ログとは 

旅ログ.jpg

釉薬を筆で乗せているとき ゴジさん!クロアチアに行ったことは?
と尋ねられる 行ったこと<一息入れて>ありません 一息など入れる
理由などないのに 行きましたで話を弾ませたい相手だったので

旅のお言葉は イラストレーター佐伯ゆう子さん 旅のスタイルブックより
旅にでる前のプランから始まる佐伯さんの旅ログ 訪れたい場所や
欲しいものを思い浮かべながら描き出し 旅気分を盛り上げる


旅ログ3.jpg
<緑と黄いろだけで描き上げる佐伯さんのオシャレな絵>

スケッチブックの効用だろうか 行ったところがすぐ答えられる
当たり前の話だけど 私の場合はその当たり前が当たり前ではない
佐伯さんが スケッチで旅の記録を残すのは 忘れないためではなく 
それが楽しいから 私も楽しい

45年前.jpg

この絵は 45年前の旅を思い出しながらスケッチブックに描き
1冊にまとめるのに2か月ほどかかった 楽しい作業だった
当時は旅先で絵を描くなど思いつかなかった

f.jpg
<記録を細切れにしてペタペタ 旅一回ごとに変えるのでしょうか>

今度はどこへ行くの代わりに あのときはあそこに行ったねで
ほじくり返すことが多くなった お陰様でその埋蔵量は繰り返し使えるから
途方もなく多い このブログを読んでくれる人の寛容さに涙が出るのです






posted by ゴジ・ダツジ at 16:33| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

旅をしたくなる言葉 その55 赤毛のアン 角を曲がれば

角を曲がれば.jpg
<角を曲がればそこは昔のパリだった>

赤毛のアンのことを知らない女性はいない いる? おかしい
娘もいないのにアンにご執心のそこの男性 アンタのこと! これもおかしい
娘がいればアンのファンでもいい 仕方がない! 仕方がないそれがおかしい

村岡花子訳 赤毛のアンより
いま曲がり角にきたのよ 角をまがった先になにがあるかは 分らないの
でもきっと 一番良いものちがいないと思うの


何ごとにも明るく希望をもって と言うよりまだ見ぬものへの好奇心が
うずいているのでしょう アンシャリーが女の子に支持された所以です
男性はというと 曲がり角にさしかかると身構えてしまうのです
まだ見ぬ敵が潜んでいるからです

ニワトリ.jpg

マシュウの口癖 そうさな モーラの口癖<大亀の> どうでもいいから
これを唱えていれば 曲がり角の敵は退散します はじめからいなかったの
ですから 敵は退きました 角をそっと覗いてみてください 

ヤドカリ.jpg

パリの南バンブの蚤の市 良いものが見つからず とぼとぼと帰路につく 
角を曲がるとパン屋さんがあった パンでもと入る 棚のニワトリの置物が
目に付く 一目で気に入る それ下さい ここはパン屋さん目を白黒 
それでも拝み倒す 何とか聞き入れてもらい 10ユーロでゲット

沖縄のキビ畑 角を曲がるとへんてこりんな小屋が 一回500円で
取り放題と書かれている 驚いたことにすべて手動 この無人の
キャッチャーそのものが砂糖キビ畑の幻 500円玉投入チャリンで現実に





 


 
posted by ゴジ・ダツジ at 13:48| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

旅をしたくなる言葉 その54 星の王子さまはどこへ行く

星.jpg

星の王子様の題名には子供をワクワクさせる言葉が3つ含まれています
3っつ? 2つでしょ? いいですか 星でしょ 王子でしょ 様です
子供のころ 様と呼ばれてこそばゆくなったことありませんか

今日のお言葉は サン=テグジュペリの星の王子様あとがきより

<南方郵便機> <夜間飛行> <人間の土地>それらの作の基調と言えば
北アフリカをはじめ インドシナ南アフリカへと 息つくまもなく機翼を
のばした人の生きいきとした体験です 積雲と積雲との間を縫って 知られた
世界と不可思議な世界との国境を身命を賭してかんじた人の呼吸です


55ゲート.jpg

誰でも星の王子様気取りになれるのは飛行機の中です 雲の下の下界をみて 
何か感じませんか 人の呼吸です? 下界は人の住むところ 飛行機を見て
手を振っている子供が必ずいます 

オーロラ.jpg

スチアーデスさんから声がかかりました 
王子様 窓を開けて下さい 見えますでしょ赤い帯が あれがオーロラです
親しくなったスチアーデスさんが オーロラが出たら起こしますからの
約束を守ってくれた アラスカ上空に差し掛かったらしい 機内はまだ
眠りについたまま 王子様の呼びかけは空耳だったのでしょうか



 
posted by ゴジ・ダツジ at 10:25| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

旅をしたくなる言葉 その53 ワイエスは何を描いたのか

交流1.jpg

日曜日は日曜美術館をのぞくとにしています 今日はワイエスでした
100年ぐらい前に活躍したアメリカ人の画家です 名前は聞いたことが
あるかも程度でも この絵を見れば思いだす方もいるでしょう
<丘の上に立つ洋館 タイトスカートの婦人が這うように登ろうとしている>

今回の 言葉の提供者は カジボン様? そのツイートからです
アメリカ人にアメリカとはなにかを示したかったワイエスは 米国を人種の
混合体と考え 黒人差別が激しかった時代に敬意をこめて黒人を描き
移民も同じ一人の人間とみなし尊敬に値する人間として描いた


黒人.jpgあれはロサンジェルスでした 
息子も同行の3人旅で ガイド本お薦めの
ビフテキがうまいぞの店に行こうとしたとき 
道の向こうから大男がこちらに近づいてきました
 
その大男の顔立ちが全く見えなかったのは 
あたりが暗くなり掛かっていたせいだけでは
ありません その顔が真っ黒だったのです

交流2.jpg

3人の無言の意志は一致していました 回れ右してホテルへ戻りました
これは人種差別でしょうか 違います!違いますけど失礼です 失礼ですけど
恐かったのです これって人種差別でしょうか? しっこい!人種差別だ!





posted by ゴジ・ダツジ at 07:49| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

気持ちいことリスト 藝祭で日焼け 夏はまだまだ終わらない

アートマーケット.jpg
<10日日曜日 今日までです>

似顔絵.jpg
<芸大工芸科のイケメンが描いてくれた 1分100円の似顔絵>

駅前の警備員さんに 何でこんなに人だらけなんですか? 
藝祭アートマーケット2017とやらのせいだと思うよ!
上野のメインの広場から芸大に向かう森の道に ずらりとテントが並んでいる

似顔絵1分100円の紙切れポスターを見つける 
ジジイでも良いんですか? どうぞお掛けください! 思ったよりまじめに
描いてくれた 所要時間1分半 100円にオマケしてくれた

似顔絵2.jpgその様子を熱心に覗き込む夫婦がいたので 
あの描手さん めちゃイケメンですよね
描いて貰ったらと声を掛ける
その奥様 実は息子なんですよと  
私に似ているでしょとノリがいい

私だってと 
その旦那さんの似顔絵を描かせてもらう

30秒ですから50円です! 
旦那さんポケットから財布を出す 
お代は頂きません どうもどうもでもう仲間

上野はやはり文化芸術のエリア 
西洋美術館の無料開放日も利用させて頂いた
子供図書館で一休二休みでも立ち上がれない 
文化芸術はホント疲れる

右の似顔絵は 私を知り尽くした
元多摩美が描いたもの どっちもどっちです


posted by ゴジ・ダツジ at 08:16| 千葉 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

旅をしたくなる言葉 その52 とうとうゴッホ様にたどり着きました

ゴッホの部屋.jpg

これほどネタ切れになるテーマはありません こうなったら
手放せません 飽きられようが見捨てられようが  

ファン・ゴッホ H・Mリヴェンズへの手紙より 
それにね〜 パリはやはりパリだよ パリは一つしかない ここでの
生活がいかにきつかろうと フランスの空気は頭脳をすっきりさせて
くれるし ためになるものがあるから


ゴッホ2.jpg

多くの点でゴッホは私とは違いますが <比較する方がおかしい?>
パリはやはりパリだよのくだり 私が言ったようなセリフですよね
それにね〜 療養が目的でパリにも似ていると言えば似ています

ゴッホ1.jpg

ゴッホに会いたければオルセーです 何でゴッホが良いと 一口では
言えません はっきりしている点は あの自画像の目に睨まれると
やりました 悪うございましたと隠し事がさらけ出されてしまうこと
でしょうか だから一人で見ることです 連れがいるとややこしいことに
なりかねません

posted by ゴジ・ダツジ at 18:09| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする