2018年05月23日

マツコの知らない世界 バター編 が変

img063.jpg

エシレファミリーから電話が入る 今からマツコの知らない世界でエシレ
バターが登場するから見てと すでに就眠中だったが事前にかぎつけていた
ので録画中だった

翌朝どれどれと録画をみる 結論から とんでもない 大食い競争的な
おでぶちゃんのバターのかぶりつきにはげんなり エシレが出るまではと
辛抱してみたがエシレの扱いもぞんざいで腹がった 
声がかかれば ジジイの可憐なバター愛が披露できたのにとうらめしい

私の可憐なエシレバター愛

その1 バターの本場パリにて 
あなたが選ぶバター選手権を決行 これは日本人初の試み 街で出会った
パリ人のバター愛に圧倒される

img065.jpg

その2 ANAパリ便にて
スチアーデスさんの禁断の秘密を聞き出す 例によってスケッチをいそしんで
いた時 スチアーデスさんが声を上げる それエシレでしょ 急に声を潜めて 
エシレも好きなんですけどボルディエにはまって ブルディエって? 

今お持ちします あっという間に消え あっという間に戻った彼女の手には 
ボルディエが さらに声を潜めて私物なんです機内の冷蔵庫を借りちゃって

愛は盲目と言うけど これくらいのことは許してあげなくちゃ
それにしても 今回のあなたの知らない世界のバター編は断じて許せない



posted by ゴジ・ダツジ at 15:07| 千葉 ☔| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

ハドソンライン物語 その4 57丁目の書店リゾーリ

img057.jpg

わたしはage75のトラベルベルブロガー トラブルブロガーとも
昨今ホスピタルブロガーとしても認められつつあるが本意ではない
そこで今回の企画 使い古されたネタを使いつつ 夢をもう一度と
トラベルブロガーとしての再起を図っている 読み手の努力と忍耐が
書き手以上に試されている

img060.jpg 

話は恋に落ちてでした ハドソンラインの列車とグランデセントラルが
舞台だと紹介しましたが 2人が偶然出会ったのはクリスマスイブで混雑する
書店リゾーリでした 57丁目の5番街と6アベニューの間に実在します 

書店は映画の舞台よく使われます トムハンクスとメグライアン主演の
ユーガットメールもアッパーウエストの小さな書店が舞台でした 
NYではありませんがヒューグランドとジュリアロバーツの
ノッテイングヒルの恋人たちもポートベローの書店で物語が展開します

わたしは本好きでない本屋好きです 旅行先ではここぞの書店を探します
それなのにリゾーリはすっかり忘れて素通りです また行けば無理なんです




posted by ゴジ・ダツジ at 17:41| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

ハドソンラインの旅 その3 殺風景なプラットホーム

img058.jpg

ハドソンラインのホーム
アーチ形の入場口をくぐると緩い坂道の通路があります 薄暗い照明の中
目指すホームが白く浮かんできました それにしても何もありません
キオスクも立ち食いソバも これは許すとしても ベンチもありませんし
時刻表などの看板もありません そういえばホームの屋根を支える柱も
見当たりません ごみ箱がぽつんと置かれていました

薄暗く殺風景なホーム心細くなりました 映画に出てくる人込みとは違います
ホームにたたずむ老婦人を見つけ声を掛けます
この列車タリータウンに行きますか? さ〜てねどうだったかね〜 

路線図を開き ここがタリータウンですがどうでしょう ここねそれなら
途中かな 私はその先まで行きますからね〜
列車に乗り込む ハドソン川が良く見える左側の席に座りました

デニーロの最寄り駅ダップスフェリー ストリープの最寄り駅アーズリーの
その1駅先のタリータウンを目指します
 
映画と旅が同時進行です 読みずらいでしょうこんなに書きずらいのですから





posted by ゴジ・ダツジ at 15:41| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

ハドソンラインの旅 その2 グラセンの魅力はどこから

img052.jpg
駅中警備の警察官はフレンドリーです 警察犬だってフレンドリーです

グランドセントラル駅と東京駅 魅力的な駅はどっち?
東京駅がNYにあったとしたら 迷わず東京駅と答えますが 
やはりここはグラセンで物語の都合上そうなります

東京駅とグラセンの決定的な違いは グラセンには駅中が
ありません 改札口がグラセンにはないからです この違いが
グラセンを映画が撮りたくなる場所にしています 

行きかう人 待ち合わせる人 欠伸をする人 すべて映画の登場人物です

グラセンの魅力は改札口がないことだと合点していただけましたか
自由に出入りできることで何が生まれるのでしょうか
駅なのに駅ではなくだけど駅 恋に落ちての舞台はやはりグラセンです

列車が出ます ホームへ急ぎましょう  前で走るのは0デニーロでは
  
 

posted by ゴジ・ダツジ at 15:16| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

ハドソンラインの旅 その1

この旅シリーズは 2016・2017年に紹介しましたハドソンラインの
リメーク版です 
この地が舞台となる映画 恋に落ちてを見てこれこそと思い立ちました

NYのつぎはパリを取り上げます どちらにしても旅行は しばらく
できませんので思い出話でつなぎます 

img046.jpg

恋の落ちての舞台は ハドソンラインとグランドセントラルです

あなたでも知らないハドソン川情報 
2月寒い日が続くと北海から流氷が流れ込みます フェリーが運航不能に
なると砕氷船の出番です NY通?の私でも見たことがありません
絶対に見に行くべきです 自分のことです

グランドセントラル駅情報 これはあなたなら知っています
グランドセントラル駅はターミナルでしょうかステーションでしょうか
ターミナルです 終着駅だからです これは映画のストーリーに
関係があります

主演はデニーロとストリープです それでは一緒に恋に落ちましょう




posted by ゴジ・ダツジ at 16:17| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

オオタニサンーへのアドバイス 小宮山悟氏

img043.jpg

申し訳ありません またなのですお里自慢が

会社勤めをそつなくこなしていたころ 社内きっての美しい女性から
結婚式の招待状が届きました 式場には陽焼けした大男たちがうろうろ
そのはずです お相手はロッテのエース小宮山選手でした 

球界きっての理論家として活躍中の小宮山氏は 高校時代の実績がなく
一般人として早稲田を受験 2浪をへて入学 そして野球部で頭角を現す
といった変わり種でした

その小宮山氏の大谷翔平へのアドバイスです
大谷選手が日本でプレーしていた時は 日本球界の宝に怪我をさせたら
いけないの思いで どの投手も内角攻めをためらっていたはずです 
メジャーはお構いなしでインコースを攻めてきます ぶつけられて怪我でも
しようものなら 2刀流はおじゃんです

かわす技術を磨いてください これがアドバイスです あなたはモノが違います 
あなたの様なとびぬけた才能を見たことがありません 見続けたいのです
<小宮山悟>                   ME・TOOです 



posted by ゴジ・ダツジ at 07:19| 千葉 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

大谷翔平につながる ボストン野茂事件

img042.jpg

内容には記憶違いがあるかもしれません いやあります

私が会社勤めの時 総務の女性が野茂選手の嫁さんになりました
東京ドームで都市対抗が開催されたときプラカードを掲げていた彼女に
声を掛けたのが野茂選手でした お国自慢的紹介はこれくらいで

1995年5月 新緑のボストン

スタンドに並ぶ新聞の一面にに野茂らしき選手の写真が これ下さい
一人興奮する私をしり目に 家内と娘は地図とにらめっこ 
見てくれよ!野茂が載っているんだから それも一面の特集記事だぜ

とは言えなんだかおかしい ここは熱いファンだらけのレッドソックスの地 
野茂は西海岸のドジャースの新人選手 それも数回投げただけでまだ未勝利
その野茂をレッドソックスのホームタウンで なぜスポットが当たったのか

判読不明な文字が並ぶが新聞記事それでも分かります 野茂のありえない
投球フォームから繰り出す悪魔のフォークで3振また3振 中継する
アナウンサーはいつしかサンシンサンシンと声を張り上げていました 
アメリカ人はホームランと3振が野球より大好きなんです

野茂はその年のオールスターに選ばれました 大谷選手のボストンデビュー
は6月下旬です 間違いなくそれまでには2刀流特集が組まれるでしょう
大谷選手もオールスターに出ます ホームラン競争出場のおまけ付きで 

posted by ゴジ・ダツジ at 14:33| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

落合氏は大谷翔平が可愛くて可愛くてしょうがないのです

img034.jpg

<内容と画像に何ら関係はありません いつものことですが>

最初に断っておきます これから書き出す内容は少々正確さに欠けます
珍しく少々です

落合さん 大谷選手の二刀流はどちらかにすべきだとの意見がありますが
     二刀流見たいでしょ 私は見たいし MLBでも認めていますよ

落合さん 何年かたってどちらかに絞るとしたら?
     打って投げてこそ大谷ですよ 彼はやり続けると思いますよ

落合さん それでもどちらかにするとしたら?
     大谷は2つに分けられません だから大谷なの 分る?

落合さん 大谷は何勝しますか 何本ホームランを打ちますか
     すでに二刀流として活躍しているし認められていますよそれで充分

落合さん 落合さんもメジャーでプレーしたいと思いましたか
     野球をやる人は誰でもメジャーにあこがれていますよ

落合さん 大谷のような選手がメジャーに行ってしまったら日本のプロ野球は
     有望な若手は次々と生まれてくるから心配しなさんな

落合氏の胸のすくような大谷選手へのエールでした 張本氏とは違いますよね




posted by ゴジ・ダツジ at 12:07| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

落合博満との長き確執

img036.jpg

<内容と関係ない画像です お許しください>

私と落合博満の間には40年の確執がありました もちろん片確執です
40年前 勤めていた会社に落合が入社してきました 彼の非凡な長打力で
府中の野球練習場の外野のネットが倍の高さにつくかえられました

そしてプロ野球での活躍 その後中日の監督として日本シリーズに臨んだ時 
決定的なことが起きてしまいました
第5戦 山井投手が8回までパーフェクト 日本シリーズでの完全試合を
達成を期待する異常な雰囲気が球場全体を覆う中 9回のマウンドには
山井投手の姿はなく岩瀬投手が上がっていました 

勝つためには手段を選ばないこの采配は落合を語る時 長く付きまとう逸話と
なりました それを境に私も落合の顔を見るのも嫌になってしまいました

先日 その日その時の真実がTVで明かされました 8回を投げダックアウトに
戻る山井の指から血が流れているのを見つけた森コーチが 山井に尋ねます
大丈夫か代わるかと 気弱の山井は大丈夫です投げさせてくださいとは言えず
代わるかに反応してお願いしますと言ってしまったのです

日本中に巻き起こった大ブーイングの中でも その真相を落合は語りません
でした 監督は選手を守るの信念があったからです

確執が溶けだす心地よさをかみしめながら 私は落合氏に頭を下げました
次号は<落合が語る大谷>です



  

posted by ゴジ・ダツジ at 15:47| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

賽銭どろぼ〜! ビリケンが見ているのに

img040.jpg

この話は書きたくなかったのです それなのに書いています 
悔しいのです 自分と賽銭どろぼーが

賽銭を上げると子供がグッズっています パパが100円玉を握らせました
よせばいいのに 伝え聞いた賽銭どろぼーの話をしました
せっかくの賽銭が無駄になりますよと 口をはさんでしまいました

パパはためらったものの だけどいいんです 回りまわって恵まれない人に
届けばと言いながら 子供の背を押しました
 
その通りだとその時は思ったのです よく朝見に行くと 賽銭ポットの
口が広げられ100円玉は消えていました パパの恵まれないのセリフを
ビリケンも聴いていたのにあの笑顔で見ていたんですね

何だか悔しいのです どうしたらいいのでしょうか お前の役目ではない!
分かっていますが せっかくの名物が出来たのに 悔しいのです






posted by ゴジ・ダツジ at 16:36| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする